唇の乾燥の原因や対策まとめ…リップクリームでのケアは荒れる前に!

投稿日:2016年1月5日 更新日: 1,199 views

唇

冬になると、空気がどうしても乾燥します。その結果唇に限らず身体のいたる所が乾燥するのが悩みです。

今回は身体の一部である唇にフォーカスしてみました。唇って何故か凄く乾燥しやすくなりますよね…。ではなぜ唇が乾燥してしまうのか、その原因やプルプルな唇を維持するための方法などを紹介したいと思います。

スポンサードリンク

唇の乾燥の原因

唇は、他の皮膚の部分と違って薄いので保湿機能があまりありません。なので乾燥しやすく傷つきやすい部分となっています。

ちょっとした刺激でも乾燥してひび割れをしてしまうことがあると思います…。結構痛いんですよねあれ…。

というわけで、唇が乾燥する原因はたくさんあるので一つずつ紹介していきたいと思います。

唇を舐める

唇が乾燥しているからといって、舐めてしまう人は結構居ると思いますが実は逆効果なんです。

舐めると一時的に潤いはしますが、その唾液が乾燥するときに内側の水分も一緒に蒸発してしまうので更に乾燥が悪化してヒリヒリしたり、唇が切れてしまうこともあります。

ひどい場合には唇の周りが赤く炎症し、痛々しい見た目になってしまうこともあります。

特に子供は唇を舐めすぎてしまって炎症を起こしてしまうことが多いです。注意しましょう!唇は絶対舐めちゃダメです。

リップクリームの塗りすぎ

リップクリームは塗れば塗るほど効果があるわけではありません。逆に塗りすぎてしまうと摩擦などで唇に負担がかかり、炎症を起こしてしまいます。

唇は皮膚の中でも敏感な部分なので、メントールやミント配合のリップクリームで荒れる人もいます。

私がそうなのですが、メントールやミントなどのスーッとするリップクリームを使うと保湿が追いつかないのか唇が余計乾燥して荒れてしまうので、リップクリームは自分に合ったものをしっかりと選んだほうが良いです。

口のこすりすぎ

口紅を落とすときや、食事の後に口を拭くときにゴシゴシこすってしまうと摩擦によって皮膚が破けたり、乾燥が悪化してしまいます。

口の周りについたものはなるべく、ウェットティッシュなどで優しく拭き取ると荒れるのを防ぐことができます。

口呼吸をしている

口呼吸をしていると唇は乾燥してしまいます。

口呼吸をしてしまうと、呼吸をしたときに出てくる水分が唇についてしまうので唇を舐めた時のようにな状態になって乾燥を悪化させてしまいます。

起きているときは自分で気をつければいいだけの話なのですが、寝ている時に口呼吸になってしまう人は、いびきをかいてしまっていることも多いようです。

紫外線のダメージ

唇の荒れや炎症は冬のイメージが強いですが、実は夏も紫外線で荒れるので注意しましょう。

唇の皮膚は他の皮膚よりも紫外線に弱いので、日焼けなどをしやすくなっています。なので、日焼けをしてしまうと唇にシミが出来てしまうので夏は早めにUVカットをしてくれるリップクリームなどをつけて対策をしましょう。

市販で売っているものと比べると少し高めですが、唇は敏感なので保湿力が高く、天然成分のものがオススメです。

唇の乾燥や荒れの対策

冬の乾燥する時期でも出来ればぷるぷるな唇を維持しておきたいですよね。では、唇が乾燥したり荒れたりしないためにはどんな対策をとればいいのか紹介します。

リップクリームを塗る

リップクリームの塗り過ぎは良くないですが、適度に塗れば乾燥や刺激から唇を守ってくれます。

リップクリームの塗る理想的な回数は一日3~5回と言われています。唇が荒れていても塗りすぎには注意しましょう。

普段使いのリップクリームの中でオススメはこれです。

値段は安すぎず高すぎずなので、手が出せる範囲内だと思います。べたつきがなくてつけ心地も良く、高保湿なのでぷるぷるの唇を維持することが出来ます。

オリーブオイルが入っているので、子供でも安心して使うことが出来ますよ。

値段が少し張る分、保湿効果も高く天然成分で出来ているので安心して使えます。

安いリップクリームを使うよりかはDHCのリップクリームがオススメです。私の周りも大体このリップを使っています。

少し乾燥がひどい場合には、ワセリンも効果的です。

ワセリンは、乾燥した肌などにもよく使われている保湿剤です。

保湿力が高くて値段もお手頃なので、家で使う唇の保湿には十分だと思います。

保湿効果が高いので、乾燥しやすい寝る前につけておくと乾燥から唇を守ってくれます。

量がたくさん入っているので、唇だけではなく体の乾燥肌にも使うことが出来るので家に一つ置いておくと便利だと思います。

マスクを着ける

外出しているときはもちろん、家にいるときのマスクも効果的です。

特に、口呼吸を無意識にしてしまう人はマスクを着けておくと自分の息で口の周りが保湿されるので乾燥に効果的です。

寝るときにマスクをするのも、喉の痛みを和らげたり唇を保湿してくれるのでオススメです。

マスクについては、過去に記事にしているのでぜひチェックしてみてください。

部屋では加湿器を

冬は空気が乾燥しているので、部屋ではなるべく保湿をするために加湿器をつけましょう。

小さな加湿器でも、ないよりは絶対に効果はあります。

私は冬になると、朝起きたときに唇が乾燥していることが多かったのですが加湿器をつけてからは乾燥しづらくなったので、冬は加湿器は必須アイテムだと思います。

家に加湿器がない場合は、洗濯物などを部屋の中に干しておくだけでも保湿されますよ。

また加湿器は管理人のでろりんさんが購入してレビューを書いています。

荒れているときのリップクリーム

唇がひび割れした時のリップクリームは、普通の薬用リップクリームではなくて医薬品のリップクリームを使いましょう。

普通の薬用リップクリームは保湿をするのがメインですが、医薬品リップクリームは傷や荒れを治すのが目的となっているので唇が荒れているときは医薬品に替えると治りが早くなります。

医薬品なので、荒れている時と普段使いのリップは必ず分けて使いましょう。

スポンサードリンク

リップの正しい塗り方

リップはただ塗ればいい、というわけではありません。効果的な塗るタイミングや塗り方があります。

正しい塗り方を覚えて、より効果的にリップを塗ってふっくらな唇を維持しましょう。

リップは縦に塗ろう

リップを塗るときは横に塗っている人が多いと思いますが、実は縦に塗るのが効果的なんです。

唇は縦にシワが入っているので、縦に塗ることで奥に染みこませることができます。逆に、横塗りをすると摩擦で荒れてしまうこともあるそうです。

温めて使うと効果的

リップクリームは冷たいと固まってしまうので、その状態で使うと上手く塗れずに摩擦で擦れて荒れてしまいます。

なので先端を温めるとリップが柔らかくなって塗りやすくなり、唇への負担も少なく、少しの回数でリップをしっかりと塗ることが出来ます。

リップクリームを塗るタイミング

リップを効果的に塗るタイミングは、お風呂前、入浴後、歯を磨いた後です。

お風呂に入っている最中は蒸気で唇が潤うのでリップを塗ることで更に保湿の効果がアップします。お風呂から出たあとは蒸発して乾燥してしまうのでたっぷりリップを塗りましょう。

意外なのは、歯を磨いた後だと思うのですが、歯磨き粉は水分を吸い取ってしまう成分が入っているので歯を磨いた後は乾燥しがちになってしまいます。なので、歯磨き後にはリップを塗ると乾燥を防ぐことが出来ます。

荒れる前に予防をしておこう

リップクリームを塗るのは荒れてからだと遅いので、普段からリップを塗って乾燥から唇を守りましょう。

私自身、よく唇が荒れるので色々なリップを試したりしていますが、自分に合うリップクリームを使って正しい塗り方をするだけでかなり効果がありました。

唇は皮膚が薄いので乾燥や荒れるのも早いですが、ケアをすれば効果が表れるのも早いので、よく唇が荒れる方やぷるぷるな唇を目指す方は参考になれば嬉しいです。

スポンサードリンク

-スキンケア

Copyright© 結婚生活ブログ Web論 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.