子どもが怪我した時に泣くのは親や大人の対応が怖いからなんだよねって話…実は反応しない方が良いって知ってた?

投稿日:2014年10月29日 更新日: 1,906 views

昨日フットサルをしていた時に、うちの娘にボールが当たってしまって泣いてしまう…と言う出来事があったんですが、この時に確信した事が一つあってので情報として残しておきたいと思います。

それは「子供が怪我した時、大人の反応で子供の反応が変わる」と言う点です。

スポンサードリンク

うちの子は痛みに強い

奥さんが出産時に相当痛みが強い事が発覚したんですが、うちの娘もその特性を引き継いでいるようでした。

先日の「海南こどもの国」に遊びに行った時の記事でも書きましたが、この公園で娘はこの遊具で遊んでいる時に派手に転んで顔面から床に突っ込みました。

海南こどもの国の遊具
この遊具で走ってたら転んで顔面を強打しました。

この際に口から血が出るのはもちろんですが

歯が口内の肉を貫通して、口が歯に引っかかって取れなくなると言うアクシデントがありました

その際の娘の反応は「パパ~取れないwww」と言う笑顔でして、全く泣く素振りすら見せませんでした。

その時の記事はこれね。

これぐらいうちの娘は痛みに強いんですが、昨夜のフットサルでは全く別の反応を見る事が出来ました。

ボールがあたった時に皆が動揺して迫ってきた

ボールを足で弾いた程度のルーズボールが2~4回ぐらいバウンドしてピッチ脇にいた娘の顔面に命中しました。

と言ってもほんのボテボテのボールで、娘はおしゃべりに夢中になってて避けられなかっただけって感じ、ぶっちゃけると痛みで言えば上記の公園での怪我の方が数倍痛かったと思います。

でもその瞬間に皆が心配して「あああ!大丈夫!?」と駆け寄ってきてしまいました。

皆さんの反応はある意味正しい、他人の娘にボールをぶつけてしまったわけなので心配するでしょう。僕でも結婚する前なら心配してたと思います。

僕はちょうど娘の後ろにいたのでよくわかったのですが、娘を囲うように参加者全員が集まって心配して来てしまったので娘はこれにビックリしてゆっくりと泣きだしてしまいました。

そう、ぶっちゃけると痛くて泣いたんじゃなくて皆が動揺した事が怖くて泣いたんですよ。

大人が動揺する→そんなにやばい事が起きたの?→怖い→泣く。って流れです。

スポンサードリンク

子供が怪我をしても反応しない方が良い

うちの子は赤ちゃんの頃からこの反応でして転んだ時はいつもこんな感じでした。

転ぶ

顔を上げて親の顔を見る

親が慌てた場合

泣き出す

親が笑ってた場合

笑う

と言う素直な生き物となっております。例えば奥さんの場合は「転んじゃったねぇw」と笑顔で反応してたので、娘は「でへへぇ~ww」って笑ってたんですけど、うちの母ちゃんの場合「あああぁぁあ!!娘ちゃあああん!大丈夫うぅ!?」って感じで駆け寄るのでもう大泣きですよ、その大人の反応にビックリして泣いちゃう。

子持ちの方なら大体の方にわかって頂けると思いますが、これはガチです。小さな子どもなんてそんなもんなので、仮にボールをぶつけちゃっても謝るのは優しくでOKなんです。

ついついビビって凄い勢いで誤りに行きそうなもんですが、実はそこまで行かない方が良かったりするんですなぁ…。って言うどうでも良い事に昨日気付いたのでまとめておきました(笑)

仮に他人の子どもが目の前で転んだり、ボールがぶつかってしまっても、笑顔で「あらら、大丈夫?w」って言ってあげるぐらいの方が実は子どもは泣かなかったりします。

僕なんか子どもが口から血を流してても「だ~いじょうぶだわwwwパパなんてもっと豪快にずっこけた事あるぞww」って言うのがパターンになってますから(笑)

子どもは痛みに強いので、実はちょっとした怪我程度なら大して気にしない方が良いんですよ~!!って話でした。

スポンサードリンク

-子育て(3~6歳)

Copyright© 結婚生活ブログ Web論 , 2016 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.