年末年始に実家に帰る人は親孝行しておいた方が良いよって話…俺は死んだ親父にもっと何かしてやりたかった

投稿日:2014年12月27日 更新日: 938 views

親孝行

度々書いてますが、僕はファザコンです。

親父にはブン殴られて育ったので、ガキの頃は恐怖の対象だったものの、大人になってこっちも喧嘩が強くなるにつれて無駄に和解。最終的には仲良しになりました。

殴る事と説教でしか子どもとコミュニケーションが取れないバカ親父。殴り返した上で「こっちの意見も聞きやがれ」と言うバカ息子のバカバカ親子だったわけですが、紆余曲折あって最後には凄く仲良くなったんですよね、ハイ。

んで年末になったんでちょっとしんみりする話でもしたいと思う。よくあるアレですが年末とお盆しか実家に帰らない人はもう数える程度しか親と過ごす日は無いのよって話しね。

スポンサードリンク

親に会う日は案外残り少ない

我が家の場合、奥さんは実家を出て僕と住んでいるわけです。って事で一応親とは会ってない生活をしているわけですな。

んで嫁は大体一ヶ月に一度実家に遊びに行きます。その際に僕もついて行って義父に「チンピラ」とか「ハゲ(まだ薄くなってる最中です)」とか暴言吐いているわけですが、奥さんは義母と大体買い物に行って遊んでおります。僕はその間に義父に「チンピラ」「ハゲ」と暴言を吐いているわけです。

単純計算嫁は一年に12回しか親に会ってないわけですよ

嫁の親がもうすぐ50歳(多分、適当です)ぐらいなので、80歳で死ぬと過程したらあと360回しか会えないわけで、それって僕と過ごす時間の一年以下なわけですわ。

まぁ恐ろしい

これがお盆と正月しか実家に帰省しない人で、仮に3日づつだったとしたら年間6日ですよ。仮に30年あっても180日しかないわけでしょ。

ましてや僕の経験上、50歳を過ぎた人は結構ポンポン死にます、無理をして来た人は特に死ぬ。僕の親父も無理をしまくった結果50歳過ぎたらポックリ死にました。沢山の人に「あの人は殺しても死なねーだろww」って言われてたぐらい元気だった親父も、ポックリ癌で死にました。

んで年末は親父の命日が近いわけなんですが、先日ちょびっと親父の夢を見たんで、その話を少々したい。

親孝行出来ないのは寂しい

なんか夢だと車に乗って親父と温泉に行ったんですわ。親父が昔から風呂屋が好きでね、風呂屋で親父が酒飲んで、帰りは僕や他の家族が運転するってのが結構パターンになってたんですね、大人になってからは。

んで夢の中で「でろちゃん(頼み事する時だけちゃん付けする)帰りは運転してくれるかな?」って親父にニヤニヤして言われて「はいはい、好きなだけ飲みやがれや」と言って飲ませるっていうしょうもない夢ですわ。

昔は当たり前だったんですよねそれがね。親父が酒大好きだから行きは親父が運転、帰りは僕がシラフで運転するってのが当たり前、別に特別な事でもなんでもなかった。その代わり食べ物は好きに注文しても良いって報酬でさ、僕はいつもお肉関係を好きなだけ食べてた。そしてたまに「いくらなんでもお前食い過ぎだろ!」と怒られた(笑)

でもそれってもう出来ないわけなんですよね。親父が死んじゃったからさ。

命日の近くにそんなしょうもない夢を見て「ああ、もうこの程度の些細な事も親父にはしてやれないんだな」としみじみ実感しちゃったんです。

なんかそれが無性に寂しくなったんですよね

まぁそういう気持ちは、以前も記事にしましたが八つ当たり的に義父に転換して憂さ晴らしをしたりもしているんですが…。

過去記事

スポンサードリンク

生きてる内に親孝行を

本当に親がサクッと死んじゃうと思っちゃいますが生きてるうちに親孝行しておいた方が良いよって話です。

年末年始に実家に帰る人もいらっしゃるでしょうし、本当に親御さんが健在の方は何かしら親孝行してみては如何でしょうか?

僕も親になったからわかりますが、親ってのは子どもが何かしてくれたら、なんだって嬉しいもんですよ。

単純に親父の夢をふと見てしまいまして、なんか寂しくなってきたので記事にしてみました。本当に、もうちょっと何かしら親父にだけはしてやりたかったです…色々と迷惑かけたんで…。

皆さんも後悔しないように何かしら親孝行してみては如何でしょうか?僕は生きてる時はやれるだけの事はやったつもりだったし、今もそこに関しては後悔はしてないんですが、もっと長生きしてくれれば…今ならアレをしてやれたのに、コレをしてやれたのに…と悔しくはなります…。

親父に関しては度々「もうちょっと長く生きていてくれたら…」って思ってしまいますねどうしても…。

親孝行に関してはどれだけやっても相手が早死にしやがるとこっちは後悔って言うか寂しくなるもんですが、それでも少しでもやっておいた方が良いって思います。僕は最後は本当に頑張った方だと思いますが、それでもまだ「親孝行してやりたかった」って思いますから、本当に、いやマジで。

スポンサードリンク

-親との付き合い

Copyright© 結婚生活ブログ Web論 , 2016 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.