サンビーチ日光川に行ってみた感想…波の出るプールが想像以上に楽しかった

投稿日:2016年7月31日 更新日: 3,093 views

サンビーチ日光川のプール

以前から色々な人が「一度行ってみなよ」とオススメしてくれていた名古屋市港区にある「サンビーチ日光川」にとうとう今年は行って来ました。

実際に行ってみて感じたのは「思ったよりかなり楽しめる」と言う点でした。これなら定期的に行っても良いかなー?って感じです。

ただこういう場所に慣れちゃうと、もう子供が他のプールに行きたがらなくなりそうな気はするので注意です…(笑)

次に行くとしたらもうナガシマスパーランドのジャンボ海水プールぐらいしかなくなりますね…(笑)

スポンサードリンク

中はかなり広い

人が映っちゃうとあれなんで、開園と同時に入ってほとんど人がいない状態を撮影しておきました(笑)

サンビーチ日光川の露店

中に入って左右にはお店とレストランがあります。恐ろしい事にレストランの食事はレトルト風のアレだったんですが外にあった焼きそばとかの方が美味しかったです…(笑)

お酒とかも普通に売ってるので飲みたい人は飲むのもありです。

サンビーチ日光川のプール

なんとか人が映らないように撮影。手前のコンクリート面とかは素足で通るのはキツイのでビーチサンダルは必須ですよー。

サンビーチ日光川の様子

斜めから見るとこんな感じ、左手にはいくつかワンタッチテントが見えますが、日陰部分にあれを設置するために皆さん開園前から並んでおりました…。

サンビーチ日光川のプール

プールはこれぐらい広いです。本当にかなりの人が入れるので、そこまで人間だらけでごった返す事はなさそうですね。

ただ土日に行ったらヤバイ事になりそうですけど…僕が行ったのは平日だったんで…(笑)

持ってくと良い物

ビーチサンダルは絶対あった方が良い。プールの手前の部分で脱ぎ捨てておいて、休憩時間になったらそれをはいて休憩場所に移動する…ぐらいで全然良いです。

そこらを歩く時に素足はちょっとキツイので…当然プール内でビーサンはダメですが、手前にみんな置いてるので気にせず放置して中に入ってけば良い感じです。

タトゥーがあるならラッシュガートやTシャツを

サンビーチの注意書き

このように書かれておりまして、刺青やタトゥーが入っててもラッシュガートやTシャツがあれば問題ないようです。

ちなみにラッシュガードでこういうものです。

こういう上着を着てればタトゥーとか入ってても大丈夫って事ですね。

ワンタッチテントかシートはあると良いかも?

休憩場所が欲しい場合は、ワンタッチテントかシートを持って行くと良いかも知れません。

ですが友人家族と行く場合ならともかく、一つの家族だけで行く場合は荷物番をする人がいないので…微妙な気はします…(笑)

大人数で行く場合はワンタッチテントやシートを持って行って、そこを拠点にするぐらいで良いかも知れませんね。

荷物はコインロッカーに全部預けられる

更衣室にコインロッカーがあるので、基本的には貴重品などは総てそこに預ける事が可能になっています。

また100円で使えるんですが、開けたらお金は返ってくるタイプなので何度も開けに戻っても問題ありません。面倒と言えば面倒ですが、飲食する際には休憩時間にでもロッカーに戻って財布を取り出して、飲食を終えたらまたロッカーに戻す…って形でも全然問題ありません。

ロッカールームは冷房もついている

これありがたい事にですね、ロッカールームに冷房がついているので、別にそこにお弁当を置いていても別に腐らないと思うんですよ。

だから飲食代が勿体無いって人はロッカールームに置いてっても僕は有りだと思いました。もちろん保冷剤とかもあった方が良いとは思いますけどね!(笑)

少なくとも炎天下に放置するよりは全然良いと思います。

スポンサードリンク

プールの感想

実際にプールで遊んでみた感想ですが、想像以上に良かったです。

名古屋近辺の海なんて汚い所ばかりなので、やっぱりプールの方がベターだなーとは思いました。

ただ昼過ぎには水が汚れ始める

朝一は潜って中を見ても綺麗だったんですが、昼過ぎぐらいになってくると色々と混ざってきて徐々に水が汚れてきている事を感じました…平日でこれだから土日はもっと酷いんだろうな…と思いつつ…(笑)

夏休みなので、平日でも沢山の人が来ていました。それでも大混雑って程ではなく、程よく遊べるぐらいなので行くならやっぱり平日に行くのがベターだとは思います。

土日に行くとどうなるんでしょうね…。

3種類のプールに分かれている

キッドプールと言う幼児向けのプールは本当にヒザ下までしか水がなく、ちょっとした滑り台などがあり小さい子供向けの遊べるプールになっていました。

中間に有るプールは奥の方に行くと140cmぐらいの水深になるので、小中学生でも全然遊べる感じ。

中に入って右手にあるプールが波の出るプールになっていました。波の出るプールは休憩時間明けと、休憩時間に入る直前に波が出る感じです。10分づつですね。

常に波があるわけじゃないのは正直残念ですが、それでも十分楽しかったです。

波は手前でも十分楽しめる

波が想像以上に強くてですね…(笑)

手前の方でも結構「ざっぱーん」となる感じになってまして、浮き輪にケツ突っ込んで浮かんでたら見事に流されるわひっくり返るわで結構楽しかったです。

ただ床に手足を削られるので注意…あくまで床はコンクリなので痛いです…(笑)

これだけでも小さな子供は十分楽しめると思います。

奥の方は40cmぐらいの波になるとかなんとか

確か40cmぐらいの波になる…って放送がかかってた気がします…(笑)

だから波が来た時は結構楽しいです。浮き輪を持ってれば足がつかなくても溺れる事はまずありませんし、泳げる人なら問題無いでしょう。

試しにダルマ浮きしてましたけど、全然別に問題無いです。ちなみに水深は150cmぐらいだったので、波が来ても成人男性なら別にジャンプしてれば顔は出せます。女性は身長によってはわかりません…(笑)

そういう意味では女性が奥に行く際には念の為にうきわがあった方が良いかも知れません。

スライダーが面白かった

生身で滑るスライダーが2つ、浮き輪に乗って滑るスライダーが一つありまして、120cm以上の人しか滑れませんが結構楽しかったです。

娘と一緒に乗ってみたんですが、大人でも結構楽しかったので子供はもっと喜びます。うちの子はどっちかと言うとビビってました…(笑)

生身で滑る方はもう滑らなかったんですけど、浮き輪の方は二人で一緒に滑る事も、一人で滑る事も出来るので結構よさ気です。親子はもちろんカップルでも滑ってみてはどうでしょうか?

めちゃくちゃ楽しかったので近い人は是非

実際に行ってみると想像以上にめちゃくちゃ楽しかったです。

ただ完全に野外になるので日焼けが…日焼け止めを忘れまして、家族全員真っ赤になりました…ラッシュガードを着てたんですけど、顔と手足の甲がヤバイ感じです…(笑)

そんなわけで野外でプールや海に入る時は当然ですが日焼け止めを忘れずに…!(笑)

料金について

料金については大人が一人1500円、小中学生が700円になっています。

だからうちの場合は大人二人子供一人で3700円で、駐車場代が500円で最低料金は4200円って事になりますね…飲食込みで約7~8千円って所ですかね。

そこまで高くもなく、安くもないって感じです。ただ楽しさの方が勝るので行ける距離なら一度は行ってみて損はないと思います。

平日はそこまで混んでない

平日に行ってみたんですが、全然混んでませんでした。開園直前に行ったぐらいでしたが、その時点では出入り口に結構人は並んでました。

ですがチケット売り場に人が並んでいるほどでもなく、駐車場も余裕で停められました。

少なくとも入場するのが大変って事はありません。また食事を摂る場所はいつでも座れるぐらいの席はあるので、シートが必須…ってレベルじゃないです。

休憩はそこらに座ってても良いですし、砂場で遊んでも良いですし、あまり深く考えずに行っても問題ありませんよー。ただ陽射しにだけ気をつけて下さいね…(笑)日焼け止めは必須!(笑)

ただ土日がどれだけ混雑するのかって話しなんですけど…やっぱりプールとかは平日に行くに限ります…(笑)

住所

日光川サンビーチの住所は以下の通り。

〒455-0855 愛知県名古屋市港区藤前5丁目901

行くなら本当に平日がオススメなので、行けそうなら行ってみてくださいまし~。

スポンサードリンク

-テーマパーク

Copyright© 結婚生活ブログ Web論 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.