旦那の稼ぎに不満がある人ほど飲み会に行かせた方が良い理由

投稿日:2016年5月27日 更新日: 558 views

飲み屋っぽい画像

最近痛感した事が一つありまして、それは「外に出る事がどれだけ大事か」って事です。

僕は数年間ずっと引きこもって自宅で作業していました「遊ぶ暇があるなら仕事しろ」って感じで思ってました。

でも実際には家にいる事でかなりの時間をムダにしてきた気がします…。

今回言いたいのは、奥さんに対してですね。

「もし旦那の稼ぎに不満があるなら、旦那を飲み会などの交際の場に積極的に送り出せ」って事を今回は語りたいと思います!!(笑)

たぶん僕みたいな個人事業主は絶対として、更にサラリーマンなどの勤め人でも同じだと思うんですよ。

外に出たがらない旦那さんがいたらこの話をしてあげて欲しいし、外に出て沢山勉強したいのに奥さんが許してくれない場合も、この話をしてみて欲しいです(笑)

スポンサードリンク

人と交流して学ぶ事が沢山ある

人と交流すると沢山の事を学べます。家にいたら新しい刺激は一切ありませんが、外に出て人と話す事によって別の人の思考に触れる事が出来るからです。

僕もあまり考えていなかったんですが、外に出たら知れなかった事が沢山あるんですよね。だから僕はここ最近は沢山外に出て、色々な人と会話するように努めています。

数年間引きこもっていたからよくわかる

僕はここ数年間ずっと引きこもってました。特に誰かと交流を持つわけでもなく、仕事以外の時間は家族のために使うべきだと思っていたんですね。

それも当然正しい道ではありますよね。でもそれで稼ぎが少ないのでは意味がないわけで…。

もし自分の稼ぎに不満があるなら、もっと稼ぎたいと思っているなら、やっぱり沢山外に出て色々な人の話を聞かないとダメなんですよね…特に稼いでる人の話を聞く事が一番大事です。

仕事が出来る人って、やっぱり考え方とかやっている事が他の人とは全く違うので…そういう人の思考に触れて「これぐらいやらないとダメなんだな」って基準を知る事がまず最初の一歩な気がします。

僕はここ数年、自分がどれだけ甘えてきたのかを外に出て痛感しました。

どんな人からも学ぶ事はある

当然ですがどんな人からも学ぶ事はあります。極端な話、中卒で暴走族上がりの人の話を聞くのも「自分の知らない世界を知れる」わけですし、逆に会社を経営してて社員が数十人いる経営者の話を聞くのも同じように勉強になります。

また沢山外に出ている人はそれだけ人脈があるので、そこからまた色々な人と知り合って輪が広がっていきますから、それもまた面白いですよね。

色々な人と話せば話すほど、自分がこれまで知らなかった事、興味がなかった事の話をされて「へーそういうの世界もあるのか」と見識が広がって行きます。

外に出ない人は進歩しない

当然ですが外に出ない人は進歩しません。

極端な話、新入社員の状態で今の仕事も満足に出来ない人が、会社の飲み会に参加しないなんて、めっちゃくちゃ損しているんですよね。

飲み会の席だから聞ける事もあるし、そこで親しくなって仕事について学ぶ機会になるので、そういう場に顔を出さないのって一番しょうもないと思います…。

結局人間なんて感情の生き物なので、気に入っている人に優しくするのは当然だと思いますよ。もちろん仕事が出来るに越した事はないと思いますけど。

飲み会を規制するのは成長を規制する事に繋がる

飲み会でだからこそ作れる人脈もあれば、飲み会でこそ得られる事が沢山あります。

だから「また飲み会?」と旦那が外に出るのを規制していると、そこで旦那の成長が止まる恐れがあります。

「あいつは付き合い悪い」と誰も誘ってくれなくなり、新しい情報を旦那が得る事もなくなるので、そこから前に進めなくなる可能性は非常に高い。

スポンサードリンク

ただし旦那に学ぶ姿勢がないなら無駄

飲み会に行く事、人と話に行く事は凄く大事です。

僕は外に出るようになってから、一気に仕事の効率が上がって収益も伸びました。色々な手法を知った事で収益が2ヶ月で1.5倍とかになったぐらいですから…。

僕の場合は個人事業主なので「やればやるだけ入ってくる」と言う仕事だから、ダイレクトに収入が変わって来るので非常にわかりやすいってのもありますが、これだけ短期間で差が出るのはヤバイです…。

遊びメインじゃなく学びメインかどうか

旦那が飲み会に行く時に「遊びたい」と思って行くのか「何かを得たい」と思って行くかでその一回の飲み会で得るものは大きく変わってきます。

僕は最近人と会う時は、言い方は悪いですが「何かを得て帰ろう」としています。だから話している最中に「ごめん、メモらせて」と言ってスマホを取り出す事も多々(笑)

それぐらいの「勉強しよう」と思って話すだけでも、全然変わってくると思います。僕は最近は旧知の仲である友人と会う時もそのように思って会話しています。

相手の方が収入が高かろうと低かろうとそこは変わりませんね。学べる所は絶対あるので、何かしら得ようと思っていつも話してます。

ただ遊ぶためなら出る必要はない

ハッキリ言って本当の意味で、ただ遊ぶためだけなら外に出る必要なんてないじゃないですか。

本当の意味でひたすら外に出て朝帰りをするだけ…なら無理に外に出る必要もないし、旦那を遊びに行かせる必要はないと思います(笑)

ただ「旦那の飲み会を怒る奥さん」の大半はそういう、純粋に遊びに出掛けてる旦那さんをたしなめているのかなぁ…と思うと、今回の記事は的外れなのかも知れませんが…(笑)

実際に僕に起きた稼ぎや作業効率の変化

実際に外に出るようになって、僕の生活は一変しました。

それまでは自宅でずっと作業してて、土日も時間が許す限りはやっていました。でもその生活だと、中だるみが半端無いんですよ。

家だとサボる時間が増える

例えばちょっと暇が出たら動画を見始めたり、ゲームをやり始めたり、漫画を読み始めたりしてました。

平日の昼間にちょっとご飯を食べに行って、そこから帰宅したらぐっすり眠ってほとんど作業せず…なんて日もありました。

メリハリがないからどんどんだらけていくんですね…。

だから僕は最近は外に出て作業するようにしています。その結果、作業効率は一気に大幅アップしました。恐らく1.5倍にはなってるでしょう、これも(笑)

土日は完全に休日で家族サービス

土日は作業はほぼ一切やりません。PCにもほとんど向かいません。

このブログWeb論でも「○○行ってきた」って記事が最近増えていますが、それは土日に必ず出掛けているからです(笑)

子供を連れて公園に行って子供を遊ばせつつ、画像などを撮って記事ネタにもしております。一石二鳥(笑)

記事にしていない場所にも行ったり、外食して家族サービスなどもしています。

その代わり平日は極力仕事に注ぐ、そして友達や知らない人に会う時間も必ず平日にしています。

これは土日は極力家族に捧げるためですね。

休日を作ったのに収益がアップ

これまで「一日も休まない!」とか言ってたのにダラダラしてるだけで作業効率は最悪でした。

それを変えて「土日は休む、平日はガッツリやる」と決めて、そこから更に「平日に人に会える時は会う、その際は作業がストップしても良い」と緩和していきました。

それでも収益はもちろん、作業スピードも悪くありません。人と会う度にモチベーションを得て、新しいアイディアが浮かんで、そうやって良いサイクルが生まれているからです。

一人で引きこもってた時に比べて、遥かに総ての面において良くなったと思います…。土日に積極的に家族を外に連れ出せるようになったのは、僕のメンタル的にも大きかったです。

やっぱり家族が楽しんでくれる顔を見るのが、一番癒やされますからね!そしてそれもモチベーションになります(笑)

お金が欲しい人は外に出よう

自分が実際にやってみて痛感したんですが、やはりお金を稼ぎたいなら人の思考に触れないとダメだと思います。自分だけで一人で考えこんで上手くいくほど世の中は甘くない。

もちろんそれだけで成功する化物もいますけど、僕みたいな凡人の場合はやっぱり外に出る方が良い。

そして先駆者にボロクソに言われてへこんだ方が良いんですよね…。

「え?これもやってないの?なんで?」って言われると泣きたくなりますが(笑)そういう経験が大事。稼いでる人はだいたいそれ言いますしね…叩かれるのも大事って。

旦那さんが頻繁に外に出るの、奥さんは嫌がるかも知れませんが、もし本当に旦那さんが「生活を変えたい」「もっと稼げるようになりたい」「独立して成功したい」と考えている場合は、積極的に外に出させてあげた方が良いと思いますよって話でした。

もし5年ぐらい前から今のような生活してたら、今頃もっと色々やれてたんじゃないかなぁ…って本当に僕は後悔しまくっているので今回の記事を書いてみました。

やっぱアレですよ「稼いでからそういう場に出よう」「独立してから出よう」とかじゃないんですよ。最初から出まくって色々な知識を得て、その上でチャレンジしまくるのが大事なんですよね…。

「○○してから」っての、実は順序が逆なんですよね…結果を出せたから外に出るんじゃないんです。結果を出すために外に出るんです。

そういう大事な話も沢山してもらえるので、僕は外に沢山出かけるのオススメしますよー!!

奥さんがそういう時に「頑張ってね」って言ってくれると、旦那さんはやる気出て良いんじゃないでしょうか…?いやホントに…。

ただ旦那さんも外に出る分は、妻子にも良い思いが出来るように工夫しないといけませんけどね!

スポンサードリンク

-未分類

Copyright© 結婚生活ブログ Web論 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.