結婚記念日や誕生日には夫婦二人きりでデートなどで祝うのがオススメ

投稿日:2016年2月3日 更新日: 1,005 views

夫婦

「結婚記念日なんて何しても一緒だろ」なんて思っていませんか?

女性からすると結婚記念日や誕生日に夫婦で祝うのは絶対にしたい事の一つなんですよ!

何故断言するのかと言うと、僕がいつも言われているからです…WAHAHA…。

ってわけで今回は結婚記念日や誕生日に夫婦でやってみたら良いんじゃないか?っていうオススメの祝い方を紹介したいと思います。

スポンサードリンク

夫婦二人で過ごす日にしよう

以前も書いていますが、僕は定期的に夫婦で二人の時間を持つようにしています。

子供が小さいうちから夫婦二人で遊ぶ時間を持つと、恋人気分に戻って一緒に楽しむ事が出来ます。僕は結婚記念日や誕生日もそういう日にして良いと思うんです。

だから結婚記念日はダントツで「二人で過ごす時間を作る」事を考える方が良いと思います。

子供は親がいれば預けよう

小さな子供がいる場合は、そんな日ぐらいは親に一声をかけて預かってもらってはどうでしょうか?

または家族ぐるみの付き合いがある家に預けるなど、色々な手があると思います。

可能ならば結婚記念日や誕生日に一番近い休日に子供を預かってもらって、二人でデートをするぐらいの方が僕は良いと思います。

僕は自由に時間が使えるので、子供が学校に行っている間にデートに行くようにしています。

夜中にちょっと美味しいのを食べるだけも有り

どうしても結婚記念日や誕生日の当日にこだわる場合は、記念日が平日になってしまう時もあるでしょう。

そんな時は仕事が終わってから、家でちょっと美味しいものを食べたり、一緒にお酒を飲むなどをして過ごすのも手だと思います。

ただ僕は結構普段からこれをやっている気がするので、記念日にこれを使う事はないです…笑

でも本当に忙しい人の場合は、そうそう都合よく休みも取れないでしょうし、これぐらいが一番ささやかな祝い方になるのかも知れませんね。

プレゼントは物よりも言葉

これは個人的に思っている事なんですが、結婚記念日だからと高価な物をプレゼントする必要なんてないと思うんですよ。

高いプレゼントを買うぐらいなら「子供の物を買って欲しい」って言う人も多いと思いますしね…笑

そこでオススメなのがやはり「言葉」です。

感謝の言葉を告げてみよう

僕はこれが大きいと思います。

いつも当たり前のように家事や仕事をしてくれている配偶者に「いつもお疲れ様、ありがとう」って言うだけで、結構違うと思います。

冷静に考えると僕もそれを普段奥さんにあまり言った事がないです。細かい点で「ありがとう」は言いますけどね。

「家事をありがとう」「料理をありがとう」「一緒にいてありがとう」という具体的な言葉を伝えた事はありませんでした。

結婚記念日って要するに「◯年続いたね」って記念日だと思うので、その感謝を言葉で伝えるのって本当に大事だと思います。

心で繋がっているつもりでも、エスパーじゃないのでやっぱり言葉で伝えないと想いは伝わりませんから。

お金が無いなら手紙を書いても良い

お金がなくて、無理に料理を買ったり、お酒を買ったり出来ない人は、ちょっとした手紙をお互いに交換するだけでも違うと思います。

今の場合はLINEとか、電子機器でメッセージを残すとかでも全然良いと思いますしね!!

普段言えない事だからこそ、結婚記念日や誕生日っていう「特別な日」に思い切って伝えるのは良い手だと思います。

サプライズはサブにしよう

サプライズプレゼントをメインイベントにしてしまうと、プレゼント選択ミスをした時に目も当てられません。

僕も経験があるんですが、サプライズはほとんど一か八かです…笑

喜んでもらえなかった時のあの悲痛感は本当に半端ないです。

だからあくまでサブとしてサプライズは準備して、メインのプレゼントは無難なものが一番だと思います。

僕なら感謝の言葉が一番嬉しいですね…。

物をもらってもね…結局「いや…それ僕等の金やん…」って思いがあるので…笑

それなら愛情を込めた何かをもらった方が僕は嬉しいです。それが「感謝の言葉」じゃないかなぁ…と思うのです。

スポンサードリンク

二人きりの時間で恋人気分に戻れる

夫婦としてずっと暮らしていると、どうしても家族になってしまうので、恋人気分が抜けてしまいます。

それを二人で過ごす事で恋人気分に戻す事が出来ます。

デートは特に恋人気分を思い出させる

僕も経験があるのでわかりますが、二人きりのデートをすると恋人の頃の気分がちょっと戻ってきます。

「ああ付き合ってた頃はいつも二人でこうして歩いてたっけな」って気持ちが戻ってくるので、僕はやっぱりデートが一番良いとは思います。

もう子供がいると常に一緒に子供がいるので、恋人気分で一緒に歩く事がほぼありません。

必ずどちらかは子供の手をひいてます。複数いれば二人とも子供の相手をしている状態になるでしょう。

そこで記念日ぐらいは二人で一緒に歩いて、恋人の頃のように話しながら遊ぶのも本当に有りだと思います。

子供の幸せのためにも夫婦の時間を作ろう

僕は子供の幸せのためにも、親は仲良くいるべきだと思っている派なので「放置されて子供が可哀想」って言うのは良くないと思っています。

子供を再優先にした結果、夫婦仲が冷えてしまったら結局辛い思いをするのは子供なんです。

僕は夫婦仲が悪い親に育てられたのでその気持ちが痛いほどよくわかります…。

だからこそ、子供を大事にしている親御さんに伝えたいのは「子供を第一に考えすぎるより、夫婦仲を良くする事を考えてください」って事です。

子供も大事ですが、夫婦仲も本当に大事なんです。両親の仲が悪くて嬉しい子供なんて、いませんよ。

仕事・家事・育児から開放しよう

お互いに仕事・家事・育児に日々疲れていると思います。

休日の一日デートプランだと、それらから開放される事になりますよね。

僕はそれだけで最高の記念日だと思うのです。子供が小さいうちは本当に育児に疲れていると思いますしね…。

毎日仕事してる人も、家事にも疲れているだろうから、外に出てゆっくり出来るのが一番じゃないかなぁ…と思うのです。

肉体労働を仕事にしてると外に出るとよけいキツイかも知れませんが…(その気持ちも地味にわかる)

色々な意味で僕は外に出るのは有りだと思います。特に女性は喜んでくれるんじゃないかな……たぶん……。

定期的に恋人気分を味わって夫婦円満に

常に夫婦として「両親」として過ごしていると、その役割が板についてしまって、恋人のように振る舞えなくなります。

それならたまには恋人同士に戻るつもりで、一緒にデートしたり、夜景が綺麗な所に行ってみたり、ホテルに一泊するのも有りだと僕は思います。

「子供がいるから」なんて理由でそれが出来ないのはちょっと寂しすぎますね。ホテルで一泊は完全に親の協力が必要ですけど…笑

でもそれぐらいの事を夫婦でしても良いって僕は思うんですよ。

結婚をしたらもう男としての喜び、女としての喜びを捨てないといけないなんてそんなつまらない事はありません。

結婚しても女として・男として喜べるようにするべきです。

だからお互いに感謝を伝えたり、愛を伝えたりする時間を設けてみてはどうでしょうか?

僕は結婚記念日はそういう日にするようにしていますよ~。

スポンサードリンク

-夫婦円満の秘訣

Copyright© 結婚生活ブログ Web論 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.