結婚生活でのストレスは夫婦共に外で友達と遊んで発散しよう!

投稿日:2015年12月8日 更新日: 427 views

女友達
たまには気晴らしの女子会でも開いてください。

結婚生活を送っている際にストレスを溜めるシーンがどうしても出てきます。

先日僕もちょっとストレスを感じた瞬間がありました、そこで今回思った事をちょびっと書いておきたいと思います。

今回のお題は「結婚生活でストレスを感じたらどうするか」です。

スポンサードリンク

同居人へのストレスは避けられない

これは実は結婚生活に限った話じゃないですよね。

親と同居していても、兄弟と同居していても「あいつマジでうざいわ」って思う瞬間って絶対にあります。

一緒に生活していたくない、下手したら顔も見たくない。そう感じる瞬間は必ず訪れます。

では家族に対してそう思った時にどうするのか?

外に遊びに行きますよね?

少なくとも僕は子供の頃はそうでした。家族が喧嘩ばかりで嫌な時は外に出て遊んでばかりいました。

十代の頃とか、それが嫌で仕事が終わってもずっと名古屋駅で友人らと意味もなくぶらぶらしてましたからね…。

実はこれ、結婚の場合でも全く一緒だよなぁ…と思うのです。

意図的に離れるのは大事

家の中にいる人(同居人や夫婦)に対してイラッとした時や、ストレスが溜まってきている時はやっぱり外に出るのが一番だと僕は思います。

外に出ている間にそのイラっとした出来事を忘れる事が出来るので、一時的なストレスからの開放は確実に出来ます。

家の中にこもっているのが一番良くないって僕は思いました。僕が家の中にひきこもっているタイプなのでよくわかります…笑

つまり旦那さんはもちろん、奥さんも外に遊びに行った方が良いんですよね。

スポンサードリンク

外での遊びに寛容になるべき

もちろん頻繁に外で飲み歩いてて、毎週末帰って来ないとかはマズイと思いますが、たまに遊びに行くぐらいはお互いに寛容になった方が良いって僕は思います。

旦那さんがお酒を飲みに行ってストレスを発散するのも大事だし、奥さんが友達と遊びに行ってストレス発散するのも大事だと思います。

そうでないと必ずストレスが溜まって、どこかで爆発するからです…。

お互いに「楽しんでおいで」って言える気持ちを持とう

たまに遊びに行く際に「また行くわけ?」「家の事はどうするんだよ」という小言を漏らすのは一番良くないと思います。

特に家を出る直前にそれを言われると、出かける側はせっかくの遊びなのに「遊びに行く事も許されない!」と更にストレスを溜める事になります。

これもお互いに言える事です。旦那さんが飲みに行く時に「飲み過ぎないように楽しんでね」って言ってあげるのと「は?また行くの?」って言うのとでは、言われた側の気持ちが全く違います。

僕なら前者の奥さんの方が「奥さんが待ってるから早く帰ろう」って気になります。後者の場合は「もう忘れたいから今日は死ぬまで飲もう!!」って思います…笑

男女が逆でも同じですよね。僕は奥さんが遊びに行くなら「まぁこっちはこっちで適当にやっとくから楽しんで来いよ」って言いたいです。

実際最近はもう娘も小学1年生と結構大きいので「じゃあママに内緒で寿司でも食べるか!?(娘が回転寿司が大好き)」とか言って娘と二人でお出かけしたりしてます…笑

先日なんかはお寿司食べて「ご飯食べたから運動するぞ!」と言って外に連れ出して、広い公園で柔らかいゴムボールを僕が娘に蹴っ飛ばして、娘がそれを避けるというよくわからん遊びをしてました…笑

こうやってお互いに「たまには遊んでおいで」って言えると、良い感じにガス抜きが出来るので良いと思うんです。

こういう時に僕は結構綺麗にストレスがリセットされますし「また仕事頑張ろう!」って思えるので、改めて「小言なんかマイナスしか無いよなぁ…」って思います。

出かける直前に怒るのは一番ダメ

案外回りの人でも頻発しているのが、出かける直前になってから小言を漏らすパターンです。

相手が男性であろうと女性であろうと、出かける直前に「良い身分だよね」「また行くの?」的な追い打ちをかけると、出かける側に多大なストレスを与えます。

これは「片方ばかりが遊びに行っている」と起こりやすいとも言えますよね。だから出かけるのはお互いに出かけるようにした方が絶対に良いと僕は思います。

まだ子供が小さいなら「今週は自分が子どもと遊ぶから、行っておいで、その代わりこの日は遊ばせてね」って約束をするのが一番良いと思います。

愚痴を言える相手を作る

同性の既婚の友人がいると凄く良いと思います。同じ既婚でも、性別が違うとハッキリ言って意見は合いません(笑)

当然ですが結婚を経験していない人には何を話しても想像の域を出ないのでこれまた参考程度にしかなりません。

あくまで同じように結婚生活を送っている人だからこそ「あ~あるよねぇそういうのww」って納得してもらえます。

既婚者同士だからこそ話せる事がいくらでもあるので、こういう時はもう本当に同じ境遇の人に話すのが一番です。

ぶっちゃけると正解なんてものがほとんど存在しないので、共感さえしてくれる人なら誰でも良いと思います。

僕の場合は幼馴染みに愚痴ると一番スッキリします…笑

ストレスは常に存在する

当然ですがストレスの根本を変えないと解決する事は難しいです。

ですがここでちょっと小難しい話をすると「ストレスは誰もが感じるもの」なんですよね。

どんな生活をしていても、どれだけ自由でも、必ず何かにストレスを感じてしまいます。その度合いはもちろん大小の差は出ますが、そのストレスを完全に0にする事は出来ません。

これは一人で生きていようと、結婚して生活していようと何ら変わらない事なのです。

一人暮らしだったらストレスが一切ないのか?と言えば一人が寂しかったりとか、病気でダウンした時に誰も助けてくれない事が辛かったり、イライラ以外のストレスが溜まっていきます。

結婚しているからこその良い面、悪い面が出て来るのは当然だと思います。

もし自分の環境が明らかに異常な場合はその環境を変える必要があるとは思います。夫婦間の関係で嫌な事があるのか、義理の家族に嫌な事があるのか、物にはよりますが…。

もし家族に嫌な事があるなら、夫婦間でよく話し合って解決の糸口は見いだせるかも知れませんけど…。

ちょっとしたストレス程度なら「離婚する程じゃない」ならば、改善の道を探すか、または外でストレス解消をする事で発散をする…のがベターだと僕は思います。

僕もストレスは大なり小なり溜まる事はありますが、それは友人等に構ってもらう事で解消しています。持つべきものは友達だな~と日々実感する感じです。

ストレス解消の手段を確立しよう

ただ繰り返しますがストレスを完全になくす事は絶対に出来ません。これは仮に離婚をしても同じ事です。

「結婚生活でストレスが溜まる」→「離婚して全部スッキリ!」は一時的なものに過ぎないと思うのです。

どっちにせよ何かしらで人間はストレスを溜めます。もちろん結婚生活の環境が最悪な場合は離婚する事でスッキリする可能性もありますが…。

それでも一番大事なのはやはり「ストレス解消法を確立する事」だと思うんです。

友達と遊んでお酒を飲んでバカな話をして大笑いして解消するのか。

ゲームをして解消するのか、好きなスポーツをして解消するのか、他の趣味を持っているのか…。

何かしらの解決法、一番なのは「家族と離れて行う趣味を確立する」事だと僕は思います。

もちろん家族は大事です。でもずっと一緒だと疲れる瞬間は必ずあります。

だからそんな時は半日でも離れる時間を作って、またリフレッシュして家族とのい時間を過ごす事が最も健全な状態に戻りやすいんじゃないでしょうか?

無理に「ずっと家族に尽くさないと」「良い夫(妻)でいなければ」と堅苦しく考えるより「外でガンガン気晴らしをしなよ!」ってスタンスの方が良いって僕は思います。

結婚してもう6年だか7年だか経ちますが、夫婦はどちらも適度には外に出るべきだな~って本当に思います。

もちろん頻度はそれこそ夫婦間で相談し合って決めるのが一番ですが、適度に外に出てお互いにストレスを解消し、気持ち良く家庭内でお互いに助け合える精神状態を作る事が大事なんじゃないでしょうか?

スポンサードリンク

-夫婦円満の秘訣

Copyright© 結婚生活ブログ Web論 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.