青あざを早く治す方法まとめ…ビタミンと鉄分をしっかり摂ろう!

投稿日: 2,091 views

女性

私は普段から青あざがよく出来ます。ちょっとぶつけただけだったり、ぶつけていなくても気がついたら青あざが出来ていることもよくあります。

女性に多い青あざですが、その原因と早く治す方法を色々調べてみたのでまとめてみます。

やっぱり青あざが足にあったりすると、スカートを履いていたら目立ちますからね…。

スポンサードリンク

青あざとは

青あざは、皮膚に出来る青っぽいあざのことです。

他にも、「赤あざ」や「黒あざ」や「茶あざ」なんかもありますが一般的に出来やすいあざは「青あざ」です。よく「内出血」とか「青たん」とも言いますよね。

青あざは女性に出来やすいと言われています。これにはホルモンバランスが関係しているみたいですね。

打った覚えのない青あざの原因

青あざは、簡単に言うと皮膚の下の出血です。皮膚の刺激を受けてメラニン色素が皮膚の深いところで増えてくると出来るあざです。

原因としてはホルモンバランスの崩れや冷え、ビタミン不足と言われています。

どの原因も女性がなりやすいので、青あざがよく出来る人はチェックしてみてください。

ホルモンバランスの崩れ

女性は生理もあるので、ホルモンバランスが乱れやすいと言われています。

なので、ホルモンバランスが崩れると血管が弱くなってしまいちょっとしたことでもすぐに毛細血管が切れてしまいます。

男性の場合はここで筋肉で毛細血管を補修をするのですが、女性は筋肉が少ないので補修が追いつかずに内出血が続いて青あざになってしまいます。

女性は、ちょっと掻いたとか摩擦が起きただけでも青あざになりやすいので少しでもなりにくい体つくりをすることが大切です。

ホルモンバランスの崩れを改善したい場合には、鉄分やたんぱく質をしっかりと摂りましょう。

冷え性

冷え性の人は青あざが出来やすいと言われています。

冷えた状態で放置していると自律神経が乱れ、血管の収縮も上手く出来なくなり血管が開いた状態になってしまいます。

血管が開いた状態は、通常に比べて破れやすくなっています。そして、冷えも感じやすくなってしまっているのでちょっとした刺激で血管が破れてしまい青あざが出来てしまいます。

今は冬場だけではなく、夏にもクーラーが効いてる部屋にずっと居ることで自律神経が乱れて冷え性になりやすいので注意しましょう。

夏でも冬でも足湯や半身浴などを普段からして、血流をよくすることが大切です。

ビタミン不足

青あざはビタミンが不足していても出来やすくなります。

ビタミンの中でも特に「ビタミンK」は、毛細血管を修復する機能があるのでビタミンkが不足してしまうとちょっとした刺激で青あざになりやすくなります。

ビタミンが不足しているのかどうかは目に見えてわかるものでもないので、普段から積極的に摂取しておくと青あざになりにくい身体を作ることが出来ます。

ビタミンKを多く含む食材は大体こんな感じです…。

  • 納豆
  • ゆでたほうれん草
  • 海藻
  • チーズ

料理をする際に参考にしてみてください。

スポンサードリンク

青あざを早く治す方法

青あざが出来たからと言って放置していても中々治らないものですよね。

少しでも青あざを早く治す方法を紹介します。青あざが出来て次の日に治すとかは出来ませんが、通常よりも治りを早くするために出来ることを書いておきます。

タオルで温める

どこかにぶつけて出来たあざなら、腫れているので冷やすのが適切な処置かもしれませんが、知らない間に出来ていたあざ、というのは腫れはないものの青あざは目立つ状態だと思います。

青あざが出来て3日以上経っているのに中々治らないというのは、血流が悪くなっている状態なので血流を良くしてあげることが大切です。

なので、37度くらいのお湯にタオルを湿らせて軽く絞った温かいタオルを青あざにあてます。

温めることで血流は良くなるので1回だけでなく、冷めてからもまたタオルを温めてから何回も繰り返すことで、全てが消えるわけではないですが青あざは目立たなくなってくると思います。

ビタミン剤を飲む

上記の通り、ビタミン不足でもあざが出来やすくなってしまいます。食事でビタミンを摂ることができたら一番ですが、毎日そんなにビタミンを摂取することは難しいと思うので、ビタミン剤を飲んでビタミン補給をしましょう!

よく、飲むサプリメントは効果がない、と言われることも多いですがビタミンは毎日摂取しなければいけないものなので飲めば効果はあります。

そしてビタミン剤は、過剰摂取しても余分なものは尿と一緒に流れてしまうことがほとんどなので摂り過ぎてもあまり問題ありません。

かと言って、たくさん摂り過ぎても下痢を起こすこともあるのでほどほどに飲むのが一番だと思います。

ビタミン剤は、あざの改善の他にも口内炎の治療や肌荒れの治療にも役立ちますよ。

入浴で血流を良くしよう

あざは冷え性などで血流が悪くなっているときに起こります。

なので、普段からゆっくり半身浴をしたり足湯をするだけでも血行改善に繋がります。

あまり暑いお湯に浸かるとバテてしまうので、夏の場合は38度前後、冬は40℃前後で入ると効果的です。

半身浴は、胸よりも下くらいのお湯の量にして、両手を出し、20分位浸かりましょう。汗をかいたらシャワーで洗い流しましょう。

冷え性については以前記事に書いているのでチェックしてみてください。

足湯も半身浴も1回やったからといってすぐに血行が良くなるわけではありません。続けることで徐々に良くなってくるので続けることが大切です!

あざを隠したい場合は「リキッドファンデーション」

上の方法だと少なくとも1週間くらいはあざを完全に消すのに時間がかかってしまいます。

ですが、すぐにでも隠したい場合ってありますよね。

そういうときに心強いのは、リキッドファンデーションです。

今では100円均一にもファンデーションは売っているので安いものでも、塗れば見た目がかなり良くなると思います。

私はどうしても隠したい場合には、リキッドファンデーションを使っています。特に足によくあざが出来るので足に使っても良いような安いリキッドファンデーションを常備しています。

あざがひどい場合には、あざや傷跡などを隠す専用のファンデーションも売っているので気になる人はチェックしてみると良いと思います。

普段から予防をしよう

一回青あざが出来てしまうと、治るまで時間がかかってしまうのでなるべくなら出来ないように予防をしておきたいですね。

ぶつけた覚えがないのにいつの間にか出来ている青あざは厄介ですからね…。

青あざが出来る原因はたくさんありますが、青あざを作らないようにするためにも普段からビタミンなどを摂取して青あざが出来にくい体づくりをしましょう!

あまりにもたくさん青あざが出来たり治らなかったりする場合には、病気の可能性もあるのでおかしいと思ったら早めに病院へ行きましょう。

ちょっとした青あざでも結構目立ったりするので、改善方法など参考にしてみてください。

スポンサードリンク

-肌のトラブル

Copyright© 結婚生活ブログ Web論 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.