毎日飲む缶コーヒーやジュースを持ち歩こう…立派な節約になるよ

投稿日:2015年12月8日 更新日: 1,631 views

なんか朝から缶コーヒーが高いだのなんだの、そんなくだらない会話をフォロワーさんとしていたら、ふと「肉体労働時は缶コーヒー代をケチろうと色々工夫してたな」と思い出したので、今日はそんなくだらない事を書こうと思います。

ちょっとした貧乏人の浅知恵ってのです。旦那さんが現場仕事とかで肉体労働をしてらっしゃる方とか、参考にしてみて下さい!!

スポンサードリンク

缶コーヒーの値段は高いよ!

僕ぐらいの貧乏人になると、缶コーヒーの高さにめまいがします。

いやいや缶コーヒーで買うぐらいなら、他の方法がいくらでもあるんですよね。

缶コーヒーがどれだけ高いのか、適当に書いておきたいと思います。

缶コーヒーって今や130円するじゃないですか、130円で仮に毎月25日出勤してたら130×25で3250円もするわけです。

3250円もあったら安物のステーキぐらい食べられちゃいますよ!回転寿司なら我が家の家族三人普通に食べられちゃいますよ!

っていうかそもそも缶コーヒーってあんまり美味しくないですよね…。

だから個人的にはコーヒーは缶コーヒーよりインスタントコーヒーのがまだマシだって思うんです。

コーヒーは作って持ち歩けば節約になる

貧乏性の僕は、特に冬場はインスタントコーヒーを持ち歩いておりました。

どのようにして持ち歩いたのかというと、水筒みたいなやつですよ。コップに入れて飲むやつじゃなくて、そのまま蓋空けて飲めるタイプ。

こういうのです。朝起きたらまずお湯を沸かしてこの中でコーヒー作って持ってくわけですよ。

夏場なら氷を入れて冷やす、冬場ならホットで持っていく、これでバッチリじゃないですか。

実はコーヒーなんて350mlもあれば、朝晩飲めたりします。僕は車通勤だったので、車の中に置きっぱなしにしてました。

当時は煙草も吸ってたので煙草も吸いつつ、コーヒーも美味しく楽しめますって計算ですよ。

そしてインスタントコーヒーですが、僕は昔からこの安物を愛用しておりますよ。貧乏人にはこれぐらいがお似合いです。

これ、安いスーパーで買うと大体600円ぐらいで買えるんですよ。んでこの一瓶の90gで数十杯は飲めるんです。

毎日飲んでても一ヶ月は余裕で持つのよ、何杯か正確に数えた事はないですけど…。

これマジで便利だったので、一人で肉体労働するようになってからはずっと持ち歩いてました。

缶コーヒー買うよりよっぽどコストパフォーマンス良いし、缶コーヒーよりこっちのがまだ美味しいです。

そう言えば今はコンビニのコーヒーも美味しかったか…時代の流れだなぁ…。

スポンサードリンク

プライベートブランドの缶ジュースって案外美味しい

最近スーパーとかのオリジナルブランドの商品がアツいって結構聞くんですけど、東海地方では有名な「バロー」っていうスーパーの缶ジュースを見たら確かに安いんですよ。

大体1缶38円とかなので「何これ安っ!」となりましてですね…。

奥さんが「レモンサイダーを飲みたい」って言い出したので買いに行ったら、その値段でビックリじゃないですか、貧乏人の血が騒ぎましたよ。

一度飲んだら奥さんがすっかりハマりまして「また飲みたい」って言い出したので。

めんどくさいから箱買いしよう!

という結論に至りまして、我が家では定期的に箱買いして家に置いてあります。

バローのレモンサイダー
ちなみに奥さんが大好きなレモンサイダーってこれです。

ちなみにこれ、僕も飲んだんですけど、なんかスポーツ飲料に炭酸つけたような味がします…。

でも結構美味しいので、ふと炭酸が飲みたくなった時に風呂あがりにたまに飲みます。

奥さんは焼酎をこれで割ってるんですが、甘くなりすぎるので僕はやってません…。

どうでも良いけど、肉体労働時に別業者の親方さんに「おうでろりん、一緒に休憩しようやぁ」って笑顔で誘われた際に、クーラーボックスからバローのコーヒーと炭酸ジュースを出して「炭酸かコーヒー、どっち飲む?」と素敵な笑顔で言われたのをふと思い出しました…笑

近所にバローがある人は探してみてくださいまし!!いやまぁ他にも安いプライベートブランドあるんでしょうけどね!

ともかくプライベートブランドが良いって話しですよ!笑

毎日必要なものだからこそ節約を

僕は仕事をする際に使うものとか、自分が食べるものにはお金をかけて良いと思う派です。

例えばパソコンで仕事をする人は、ちゃんとした動作の速いパソコンを使うべきです。

毎日肉体労働をしている人は、BCAAを飲んだりプロテインを飲んだりして、身体のケアをするべきだと思うんです。

身体で稼いでるんだから、ちゃんとしたメンテナンスをするのは当然ですよ。

毎日口にするものも、あまりケチらずにちゃんとしたものを口にするべきだと実は思います。

でもどうせ缶コーヒー飲むぐらいなら、もうちょっと節約出来るよなぁって思うんですよね。

もちろん毎日スタバとかで数百円支払ってコーヒー飲めるような環境&経済状況の人は全然気にしなくて良いんですけどね。

単純にあまりお金ない人は、そういう知恵を使うと節約出来て良いんじゃないかな!貧乏人の浅知恵ですけどね!笑

今はもう家でダラダラする生活になっているので、毎日安物のインスタントコーヒーを飲んでおります…笑

お店で購入した場合と持参した場合の差

仮に月に25日仕事に出るとして、毎日ペットボトルのジュース、もしくはk缶コーヒーを購入したとします。

それを家から持参するように変更したらどう変わるでしょうか?

ペットボトルの場合は160円×25本なので4000円

缶コーヒーの場合は130円×25本なので3250円

インスタントコーヒーを持参した場合は1つあれば十分なので、744円程度。

お茶を作って持って行くとして54袋入のティーバッグの商品が430円で購入出来るので、これで約2ヶ月分です。

って事は1ヶ月で約200円程度の出費に…。

この時点で値段は
ペットボトル=4000円
缶コーヒー=3250円
コーヒー自作=744円
お茶自作=200円

って事になりますよね。ですがこれはあくまで一ヶ月です。これを年間で考えてみましょう。

ペットボトル=4万8千円
缶コーヒー=3万9千円
コーヒー自作=8928円
お茶自作=2400円

流石に差がデカ過ぎてちょっと笑えなくなってしまいます…。

これだけ大きな差が産まれてくるので、僕は絶対に飲み物は持参した方が良いと思いますよっと!!

って言う今回は貧乏人にはオススメな節約の方法でした!!

スポンサードリンク

-食費

Copyright© 結婚生活ブログ Web論 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.