嫁姑問題でありがち!「やってもらって当たり前」だと同居は絶対に続かない!

投稿日:2014年8月28日 更新日: 4,731 views

怒った猫
怒ったぞー!

junです。今回は久々に文章でも書きたいと思います。私が同居している姑とのやりとりで感じたことなのですが、「何かをしてもらって当たり前」だと思い始めたら終わりだなって話です。
スポンサードリンク

私は結婚してから最初は姑と家事分担をしていたのですが、あまりにも衝突が多かったので「あぁこれは全部自分でやったほうが楽だな」と思って現在は全部自分で家事や育児などやるようにしています。

最初は結構大変でしたが慣れてしまえばそんなことはありません。自分の仕事だと思えば全然平気なのですが、何も家事当番がなくなってしまった姑が私が家事全般をするのを当たり前と思うようになってしまったんですね。

嫁姑間で嫌い合う一例

私の場合の例を出しますと、家族で家事分担をしていた頃は、少なくとも自分のことは自分でしていました。ですが、私が全てをやるようになってからは何かと「頼み事」が多くなってきたんですね。

すぐに済む用事や私も関係していることならやっていたのですが、当たり前のようにやっていたのが問題でした。

ある時、私が仕事で忙しいときに姑に大声で呼ばれ、何事かと思って急いで行ったら「通販でこれが欲しいんだけどメモ帳に電話番号書いておいたから今から電話で頼んどいてよ!」と自分で出来ることでも何でも人にやらせようとするんですね。仕事中でも、同居なのでひどい時はほぼ毎日でした。

元々頼み事が多い人ではあったのですが、こればかりはさすがに「いやいや、これは自分でやってよ」と言いましたが何かと言い訳をつけてやらせようとしてきます。もうこうなったらお終いだなと。

姑は、昔から何をするにも「誰かにやってもらっていた」ことが多かったようで、それが当たり前になっています。だから私が近くを通ると「これやって、あれやって」と言ってきて、私が個人的に何かを始めようとするとどっからか現れて自分では出来ないのに上から目線で「こんなん簡単じゃん」などと言ってきます。

こういうのが言えるのって自分でやったことがなく、周りが当たり前のように全部やってきたからなんですよね。だから上から目線で言えるのです。大変さがわからないのです。

子どもや夫婦関係もそうですが、やってもらって当たり前、最悪な場合感謝もしない、となるとやってる側の方はどんどん冷めていきます。正直一緒に居るのも嫌になってきます。

友達がそうなった場合は縁を切れるのでいいのですが、家族となると最悪です。うちの場合はどんどんエスカレートしていったので、自分のことは全部自分でさせるようにしました。なので今は、一人では解決できない最低限の頼み事を聞くくらいです。

家族で仲良く過ごすために

どんなことでも自分のことは自分でやらせるのが一番だと思います。自分でやることによって、やることの大変さが分かるからです。

子供の場合何もかも親がやっていたり、妻や夫が偏ってやっているとどちらかが当たり前になってきます。そうならないように、とりあえず最低でも自分のことは自分でやることが大切だと思います。

そうするとお互いに大変さが分かるので、やってもらうのが当たり前にならず「ありがとう、ごめんね」が言えるようになるのです。

私はこういうことがあって「やってもらって当たり前」と思わないように気をつけようと思いました。こうなったら絶対に周りの人は離れていきます。あとやってもらったら感謝はすることも忘れてはいけないですね。

うちの場合は、家族なので少しずつ改善できるようにコントロールしていかなくてはいけないですがすぐに直すのは中々難しそうです。

でも良い反面教師になるので、自分はこうならないようにと気をつけることが出来ています。やっぱりこういうのって周りにいないと気が付かないものですからね。

今回私が経験したのが嫁姑だっただけで、この件は誰にでも当てはまるものだと思います。「誰かにやってもらって当たり前」「上から目線」は本当に人に嫌われる1つだと思います。こういうのって中々自分では気がつかないものだと思うので、気をつけましょう!という話でした。

スポンサードリンク

-親との同居

Copyright© 結婚生活ブログ Web論 , 2016 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.