買い物で節約をするときのコツ…1週間分をまとめ買いがオススメ

投稿日:2015年12月9日 更新日: 1,170 views

買い物

junです。私は一応主婦になってから7年くらいになります。今回は私が普段行っている節約術について書きたいなと思います。

節約術といっても色々あると思いますが、今回は「食費(外食抜き)の節約」です!

少しでも食費を浮かせるために、私がスーパーで食材を買うときに普段からしている節約術を書いておきます。参考になれば嬉しいです!

スポンサードリンク

食費の節約とは

食費は食事にかかる費用のことです。今回は、外食を含まない食費について書いていきます。

意識をして買い物をしないと、あっという間に食費が上がっていたりします。

私は何を買うにも「とにかく安く済ませよう」と思っているところがあるので、無駄なものは一切買わないと気をつけてはいますがどうしても気を抜くと無駄なもの(お菓子とか)を買ってしまいます。

無駄なものを買うことで食費が上がったりするので、その無駄なものを買わないための工夫を紹介したいと思います。

ちなみに、私の家庭は4人家族(大人3人子供1人)ですが外食抜きで月30000円前後の食費で済んでいます。

食材を買う前にすること

私はまず買い物へ行く前に絶対にやっていることがあります。

買い物へ行く前に少し手間を増やすだけで食費を少し浮かすことができます。

ちょっとしたことですが、こういうのが積み重なって節約になっていきますよ!

満腹の状態で買い物へ行こう

これ結構重要です!!

お腹が空いた状態で買い物へ行くと、あれも美味しそう、これも美味しそうと目移りしてしまって無駄にいらないものまで買ってしまうことがあります。

ご飯を食べて満腹の状態で買い物へ行くことで、必要なものだけを購入することができるので私は必ず満腹にしてから買い物へ行くことにしています。

子供のお菓子は買ったりしますが、これだけで自分が小腹が空いたときに食べようと思うお菓子を買わなくなりました…笑

結構お菓子って買い込んでしまうので、お腹が空いている状態で買い物に行くべきではないと思います…。

冷蔵庫の中身を把握しておく

買い物へ行く前に冷蔵庫の中の足りないものをチェックしておきます。

私が昔よくやったのは、冷蔵庫や調味料の有無を確認せずに買い物へ行き「これまだあったっけ?」となり有耶無耶で余分にあるものまで購入してしまうんですよね。

これ一番もったいないと思います。

それが何回か続いて「これまだあるじゃん!」とたくさん買ってしまったことがあるので、買い物へ行く際には冷蔵庫や調味料の有無をチェックしています。

常に冷蔵庫の中をチェックすることで、忘れ去られた賞味期限切れの食材などを放置することがなくなるので冷蔵庫の中もスッキリします。

必要なものをメモしておく

私は冷蔵庫の中の材料の確認をしてから、必要なものは必ずメモをしています。

なぜかというと、忘れっぽいからです(笑)

そして、買い忘れがあったときにはまた買い物に行かなくてはいけなくなります。その際に余分なものを買ってしまうので、必ず買い物は買い忘れがないようにメモをして1回で終わらせています。

何回も買い物へ行っていたら、目的以外のものも買ってしまうのでせっかく節約をしていても無駄になってしまいますからね。

紙にメモをするのもいいですし、スマホのメモ帳などを活用しても良いと思います。

私は紙を出したりスマホを出したりするのが面倒くさいので、手のひらに必要なものをメモしています。

買い物中に手のひらをチェックすれば必要なものが書いてあるのって意外と便利ですよ!笑

スポンサードリンク

買い物の節約術

次に買い物での節約術を紹介します。

買い物の仕方を変えるだけでも節約に繋がります。私はこの方法で、買い物の時間も減らすことが出来ています。

スーパーをウロウロするよりかは、欲しいものをパッと買ってスーパーを出ることで時間も短縮できますし節約も出来ます!

買い物をするお店を一つに絞る

今は色々なお店が出てきているので、食材の買い物をするのもどこにするか迷うことが多いと思います。

でも私は食品の買い物をするときには一つの店舗だけと決めています。

一つの店に絞ることで、どこにどの食品が置いてあるのか把握することが出来ます。

把握することで欲しい食品がスムーズに手に入るので店の中をウロウロすることがありません。これだけでもかなりの時間短縮になります。

どうしても通っている店に欲しいものがなかった場合だけ、買い物をした帰り道に違う店に寄って目的のものだけを購入して帰るようにしています。

私はもう5年くらいは同じ店で買い物をしています。欲しい食品の場所を把握しているので、迷うことなく買い物が出来ています。

お店にいる時間をなるべく短くする!

上に書いた内容と被ってしまうのですが、店の中に長時間居てもあまり良いことはありません。

買い物をしている最中に「もしかしてこれ家になかったかも?」とか「これも買っちゃおう」となってしまうからです。

長時間店に滞在しないためにも、欲しい食品の場所を把握するために一つのお店で買い物をして、必要なもののメモを忘れずにしておくことが大切です。

余計な買い物をしてしまう前にメモをした食品だけを買ってすぐに店を出ましょう!

一週間分をまとめ買い

私は食料品の買い物は週に1回しか行きません。一週間分をまとめて買っています。

節約を意識するまでは週に2~3回買い物に行っていたのですが、どうしても余分なものを買ってしまっていました。

週に1回だけの買い物にすることで、1週間分の献立てを買い物前に大体考えておくようになりました。

1週間分の献立といってもキッチリ決めるのではなく、大体こんな感じで作ろうと曖昧に考えておいて、考えていない分は1週間分の買い物で買った材料の中から余ったもので適当に作るようにしています。

献立を考えてないから買い足す、のではなく、残った食材で何を作れるかを考えるようにして週に一回のまとめ買いで1週間を過ごしています。

慣れてくると、余った食材で何を作るかを考えるようになるのでレパートリーが増えて一石二鳥ですよ!笑

何回も買い物に行かない、というだけでも節約になります。

見切り品をチェック

スーパーに行ったら必ずチェックするのが「見切り品」です。

見切り品ってちょっと悪くなったもの、少し傷が入ってしまったもの、というだけなので品質的には問題ありません。

私が行くところでは、普段300円くらいするものが70円くらいで売っていたりするのでかなりお得です。

特に普段高いなーと思うような野菜なんかも見切り品では安く売っているので、欲しい野菜が見切り品にあったらラッキー!という気持ちでまず見切り品をチェックするようにしています。

見切り品をチェックするときってなんかワクワクしますよね…?笑

肉は安いものを購入

私はお肉類は安いものしか買いません。笑

まず牛肉はあまり買いません。高いので…。どうしても献立的に欲しい時は安い牛肉さんを探して買っています。

私が普段買っているのは、豚こま切れ肉や鶏胸肉、ささみ、ひき肉辺りですね。豚肉と鶏肉が多いです。

鶏のささみや胸肉なんかは、作り方で柔らかくも出来ちゃうので結構頻繁に買っています。

牛肉を使わないとダメな料理を考えるのではなく、鶏肉や豚肉でどんな料理が作れるんだろうと調べることで料理のレパートリーがまた増えます。笑

クレジットカードで支払いしよう

クレジットカードが使えるお店なら、買い物の支払いはクレジットカードがオススメです。

食料品の買い物は、1回で少なくても5000円、多くて10000円以上使う人もいると思います。

この支払いをクレジットカードで行うことで、クレジットカードにポイントが入るので10000円なら100円くらいはポイントとして帰ってきます。

小さい激安スーパーだとクレジットカードを使えるところが少ないのが残念ですが、クレジットカードを使うことができる店舗なら使っておいたほうがお得だと思います。

毎回の買い物でポイントがつけば、気づいた頃には結構ポイントが貯まっていると思います。

もらえるものはもらっておかないと損ですよね…!

習慣化することで節約が当たり前になる

私は正直節約してるという意識はあまりなかったのですが、友人と食費の話になったときに「安くない?」と言われて初めて無意識に節約をしていたんだな、と気付きました。

毎日買い物をしている人だと、週1だけの買い物は結構難しい節約術になると思いますが、慣れてしまえば買い物に行く回数も減るので楽ですよ!

私は大体1週間分の買い物で、ビニール袋4,5枚がいっぱいになるくらいの量になります。食料品が入った袋を家の中に入れるのと冷蔵庫に入れるのはちょっと大変ですが、慣れてしまえば気にならなくなります。

節約しなくちゃ!と考えるよりも、買い物の節約術を使って食事のレパートリーを増やしてみよう!と考えるほうが楽しくなると思います。

買い物の節約術、ぜひ試してみてください!

スポンサードリンク

-食費

Copyright© 結婚生活ブログ Web論 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.