言葉遣いが悪いのは損だよ…丁寧にするだけで好印象になる

投稿日:2015年12月8日 更新日: 1,495 views

怒る
なんとなく怒ってそうな人の画像。

昔から僕のブログを読んでくれていたり、Twitterをフォローしてくれている皆さんはお気付きだと思いますが、僕は口が悪いです。

これはもうリアルでも完全にそうでして、本当に口が悪いです。激怒したら完全にべらんめぇ口調になっちゃうぐらい口が悪いです。

でもようやく32歳になってようやく「口調って大事だよなぁ…」って気付きました(遅っ)

そんな知恵遅れレベルにバカな僕が、32歳になってようやく気付いた「言葉遣いが汚いのって完全に損だよね」って話題を今回は記事にしたいと思います。

そしてこれは世間ではもちろん、家庭内でも確実に言える事だと思うのです。

スポンサードリンク

言葉遣いが悪いと怒られやすい

当然ですが言葉遣いが荒いと波風が立ちます。

例えば奥さんに醤油を取ってもらうとします。

「おう、醤油くれゃ」
「ごめん、醤油とって」

印象が全く違いますよね…。

そもそも語尾に「や」をつける必要はどこにあるんだと個人的に思うんですが実際にこの口調の人は実在します!!笑

これが「おう、醤油くれ」だけでも印象はかなり違うと思うんですよ。この「ゃ」を抜くだけでも全然違うんですよ。声に出して読んでみてください、本当に。

僕は最近奥さんに醤油を取ってもらう時、お水をいれてもらう時、必ずこう言ってます。

「すいません、お水ください」

卑屈に聞こえるかも知れませんね。人によっては「嫁にそこまで媚びるの?」って思うかも知れません。

たかが言葉ですよ?

嫁に敬語使ったら死ぬんですか?嫁に敬語使ったら旦那の尊厳が失われるんですか?嫁に偉そうに命令するのがカッコいいんですか?

たかが言葉、されど言葉。最近本当に感じているんですけど、言葉が荒いか丁寧かって、これに尽きると思うんですよ。

言葉遣いが丁寧に越したことはなく、荒いのはただの自己満足で損しかない。

自分がまだ口調が荒くて完全に治りきってないんですけど、だからこそ本当にそれを思います…。

言葉遣いを丁寧にするデメリットが見つからない

言葉遣いを丁寧にするデメリットが最近見つからないんですよ。僕も若い頃…ってか少し前までは「丁寧だと他人行儀で嫌だ」って思ってたんです。

でも別にそんな事はないよなと(笑)冷静になって思い返すと20年以上の付き合いがある友人間でも何故か敬語で話す瞬間ってあるんですよ。

その際に「なんだよ、よそよそしいなぁ」なんて思わないんですよね。慣れたら別にどうって事ないです。むしろ冷静に振り返るまで気付きませんでしたから(笑)

だから僕は別に言葉遣いを丁寧にして、敬語を夫婦間で使っても損はないと思うんですよ。

ブログでの言葉遣いを丁寧にしても損はないって思うんですよ…。これは最近痛感したんですけども…。

スポンサードリンク

どれだけ正論を言っても説得力を失う

よくネットでも見かけますが、どれだけ正論を言っていても言葉使いが悪いと言うだけで説得力を欠いてしまいます。

それお前の事じゃねーかってツッコミは置いておいてください。

例えば誰かに絡まれたとします。自分が発言してもいない事を「これを言ったのはお前だろ!」と絡まれたとして、自分はその発言をしていない事を主張するとします。

この際に言葉遣いが違うとこんな感じになります。

「バカかテメェは、僕は元々そんな事言っちゃいねーんだよ」

「いえ、僕はそういう発言はしていません」

だと印象が全く違います。前者だと完全にただのアホの子になってしまいます。

ちょっとこれだとわかりづらかったけど一例として残すとして(笑)バイトの子が繰り返し何度も遅刻をしてきた際に注意する社員さんを例に言葉遣いを変えてみましょう。

「お前が何度も遅刻したらその分みんなに迷惑かかるんだよ。それで金もらう気かボケ」

「君が繰り返し遅刻をする事で、全体にしわ寄せがきてしまう。給料をもらっている以上は自覚をして欲しい」」

とまぁこれだけ差をつける事が出来ます。この落差は悪意がありすぎかな…笑

例えば人に文句をつけられたからって「バカ」「アホ」「カス」「死ね」が入った時点でもう完全にその人の程度が低く見えてしまうじゃないですか。

そういうのを最近よく痛感する出来事がありましてですね…人を見ててもそうですし、自分の言動を振り返ってもそうですし、我ながらアホだなぁと思うのです。

家族間でも言葉遣いが汚いと摩擦が生じやすい

当然ながらこんなの夫婦間でも同じですよね。夫婦間で言葉遣いが汚いと摩擦が生じやすいと僕は思います。

もちろん子供に対しても同じです。僕はこう見えて娘には丁寧に喋る事を心がけてます…いやほんとに…笑

家族間はもちろん夫婦間でも一緒。醤油を取ってもらう時も一緒、何かをお願いする時も一緒ですよね。

僕は特にお願い事をする時は敬語使います。それは本当に申し訳ないと思うからです。

娘にもそこは徹底してますし、娘にも何かを取ってあげたりしたら「ありがとうは?」ってちゃんと言わせます。そこは人として最低限の所だと思いますしね。

怒った時にギャップをつけやすい

僕が元々声が低くて言葉遣いが悪いのもありますが、怒った時にこれギャップが出やすいんですよね。

娘に聞くと「ママの方が怖い」っていつも言います。ママは結構小さい所で怒るようにしています。これは夫婦間で決めている事でもあります。

僕が娘大好き過ぎて怒るのが嫌というのもありますが(笑)

ただ個人的に「パパが怒る時は大噴火で、一番ヤバイ時にしたい」ってのがあるんです。男の子だったら頻繁にパパが怒っても良かったかも知れませんが、女の子なんで…。

だから娘にとっては「パパはいつもニコニコしている」イメージなんですね。実際には超絶短気で喧嘩っ早いんですが、そういうのはさすがに娘の前では見せた事はありません…たぶん!

だからこそ本当に娘が悪い事をした際に「コラァ!やめんか!」って言うと、娘は本当に驚いた顔をするわけです「珍しい、パパが怒った!これは本当にヤバイやつだ!」って感じの顔をします(笑)

そういう意味で、普段から言葉遣いを丁寧にしておくと、怒った際にギャップをつけられるので、子供がいる場合は「パパが怒った時はマジでやばい時」って印象をつけられるので結構使えます…笑

言葉を丁寧にするデメリットを今は感じない

言葉遣いが悪いと馬鹿に見えますし、正論から説得力も消え失せますし、個人的には良い事は全くないと思います。

素の自分がそうだから尚更思うんですよね…家族に対してはマシになってきてますけど…。

若い頃は本当に僕も「人に媚びたくない」って中二病全開で思ってましたが、別に言葉遣いを丁寧にするからって媚びるわけじゃないんですよね…。

だってただの言葉じゃないですか。思えば僕は昔から嫌いな人にこそ基本的に敬語で通してきてましたし…笑

好きな人にこそ無礼に、そして嫌いな人にこそ丁寧に…を何故か信条としてきましたが、そんな事せんでも好きでも嫌いでも丁寧にしときゃええやん…っておっさんになって思うようになりました。

ましてや家族に対して、そんな汚い言葉を使ってても仕方ないしね…。汚い言葉使われたらイラッとするのは当然ですし、綺麗な言葉を使ってもらった方が良いに決まってますしね…。

ってわけで今回は「言葉遣いが汚いのって損でしかないよなー」って話でした。

自分の言葉遣いが汚いからこそ、本当に思います(笑)

そりゃ子供の頃から親に言葉遣いが悪いから治せって怒られるわ僕…親父の言う事はやはり正しかった…笑

「なんでわざわざ言葉遣いを直さにゃならんの?」って思う人は、一生そのまま自分らしく生きれば良いと思います。

スポンサードリンク

-人間関係

Copyright© 結婚生活ブログ Web論 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.