5歳の女の子(娘)が反抗期に入ったようで徹底的に反抗してきたので、駄々を通さないためにコチラも対応したって話

投稿日:2014年8月8日 更新日: 10,085 views

自転車
自転車教えるのも一苦労ね…。

教育ネタ二連発もどうかと思ったけど、ちょっと気になる事があったので記事にしておきたいと思います。それは子どもの反抗期ですタイ…。

とうとう我が家にも反抗期がやってきた…!笑

スポンサードリンク

すぐにヘソを曲げるようになる

先日祭りに連れて行った時の出来事である、ビンゴゲームがあったんですが、そのビンゴが全然当たらなかった事に娘がヘソを曲げてしまった。

嫁が「なにか食べたいのある?」と聞いてもムスッとして答えず、後々になって「パイナップル食べる」って言うから食べさせてたんですが、芯の部分までひたすらガジガジやってて顔も汁まみれ、手も汁まみれになってたのね。

「もう食べれる所ないし汁で服も汚れちゃうから良い加減捨てようか、次の食べよう」と言っても「やだ!」と言って聞かず「じゃあ好きにしろ」と好きにさせてたらガジガジやりすぎてとうとうパイナップルの芯が串から外れて地面に落ちてしまいました。

よけいイライラしたようで泣き出す娘、そこでもう何言っても聞かなくなった上に全く話を聞かなかったからさすがに説教しました。

言った内容は大体こんな感じ。

「イライラして人に当たったら当たられた方も嫌な気持ちになる、お前は友達がイライラしてたらどう思うんだ?」
「お前が怒れば怒る程相手も怒る、全部自分に跳ね返ってくる事を覚えておけ」
「人に八つ当たりはするな」

って点だけ伝えてサクッと説教して終了、僕が怒り役をやったので後始末は奥さんに任せたんですが、この時に「あまりにも怒らないのも考えものだな」とちょっと思いました。

誰も怒らない上に僕が知らない所では僕の母親(要するにばあちゃん)が甘やかすので、何でも思い通りにならないと嫌になってるようでした。

この辺りからちょっと嫌な予感はしてたし、奥さんも「最近こういうの増えた」って言ってたんですが、今日もっと面倒な事が起きました。初の反抗期到来…!笑

自転車の練習を真面目にやらない

ビックリしたのは自転車の練習をした際の出来事、娘はもう真っ直ぐには普通に走れるし、曲がる事は当然可能。もちろん倒れそうになったら足を出して倒れるのを防ぐ事も出来るようになってます。

詳しくはこっちの記事に書いてます。

関連記事

だけど何故か、ちょっと広い場所に行って「もう乗れるんだから好きに自転車を走らせてごらん」と言っただけで、やる気を失ってしまいました。

見てて「ああこれは反抗だなぁ」と思ったんですが、どれだけやる気がないのかと言うと、以下の態度に現れてました。

・ちょっと進んだら転ぶ(明らかにわざと)
・足を出せば踏ん張れるのにゆっくりわざと転ぶ(怪我しない程度に受け身を取りつつ)
・こっちを見て「もうやれない」と言う無言のアピール

最初は奥さんと二人で「あれってわざとだよな??」と確認しつつ放置してみたんですが、そのうち泣きだして一切やらなくなりました。

奥さんに話を聞くと「最近こういうのが増えた」と言う、完全にやる気がないようである。別に「やりたくないならやらんで良いんじゃね?」って気持ちもあったが、自転車は必要最低限のスキルだと思うので、これはある意味では「学校の勉強をしたくない」とワガママこねてるのと一緒の状態だと判断「ここで折れたらワガママ小僧になってしまう」と思ったので、鬼に徹する事にしました。

スポンサードリンク

どこまで駄々をこねるか試す

個人的にはちょっと気が引けたんですが、ここで子どもに主導権を握らすわけにもいかないので珍しくパパも心を鬼にします。と言っても怒鳴りつけるわけではなく「意地を張り続ける以上は終わらんぞ」って意味で。

「真面目にやらない子は乗らなくて良いから帰ろう」と一度家に戻ります。んでそこで「最初からおさらいしよう。今日はそれが出来たら終わりでいいよ」とハードルを一気に下げました。

最初は「自転車に乗って遊んでおいで」と、練習と言うスタンスは取らず、ただ自転車に乗るだけって話だったんですがそこでわざとやろうともせず転んでいたので「転ぶ練習からやり直そう」と提案。

子どもは子供扱いされると怒ります、当然泣きだして「やだ!」と言い出しましたが「だってさっきから転んでるじゃん、転んでる子は危ないから自転車で走らせるわけにはいかないよ。残念ながら最初に教えた所からやり直しです。真面目にやれば出来るのにやらない奴が悪い。お前が出来る事はパパはわかってるんだから」とこっちも頑なに拒否。

目の前で最初に教えた「自転車にまたがった状態で地面から足を離し、倒れそうになった方に足を出して身体を支える」練習を実演して「まずはこれをやってごらん、これが出来たらもう終わりで良いよ」と必要最低限の課題を出します。

これまでは自転車を漕いだ状態からでもちゃんと体を支えれていたのに、ここでも足を地面についたままゆっくり自転車から手を離して、最小限のダメージで済むように転ぶ我が娘。そもそも自転車に跨る時点で片足で自転車支えられてるんだから100%支えられないわけがない。

僕と嫁、ドン引き。

「じゃあパパが支えてやるからもう一度やってみそ」と言って、倒れそうになったら自転車だけを僕が掴んであげると

自ら地面にダイブして転ぶ娘

唖然とした僕は嫁を呼んで「娘の横に立って身体を支えてやれ」と伝える。

すると今度は嫁の身体を避けた上で地面にダイブして転んで泣くこれに関してはあまりの徹底ぶりに僕も嫁もちょっと感心したレベルだった(感心してる場合じゃない)

ここまで来たら完全に「子どもからの抗議」としか見れませんでした「やる気がないから意地でもやらない」と言う僕に通じるこの頑固さ、ここまで行くと「我が子ながらアッパレ」である。思えば僕もこういう事をしていた事があった気がする。

だからこそ娘の考えている事は手に取るようにわかるのだ。自分が気に入らないから徹底して「出来ません」をアピールして相手を折らせる、自分は絶対に折れないっていうアピールだ。ちなみに僕はこれをやったら親父にブン殴られましたね(笑)

とりあえず突き放した

この時点で「そこまでわざと転ぶならもう練習しなくて良いよ。ただし真面目にやらない子からはiPhoneも3DSもゲーム類は全部没収です」と宣言、当然娘は更に大泣きして「ちゃんとやる!」って言うけど「さっきやってダメだったろ、次に練習する時に真面目にやって下さい」と自転車を片付けて自宅に切り上げる。

ただしそこで娘にわかりやすい譲歩の道を伝える。

「パパは出来ない子には怒らないよ、でも真面目にやらない子は許せないし、そんな子には何もあげる気にならない。パパは娘ちゃんが頑張って自転車の練習してたからプリキュアのゲームを買ってあげたんだよ。頑張らない子にはそのゲームをやる資格はない。真面目に練習をやるようになるまでは禁止、真面目にやるならいつでもすぐに返してやる」とだけ告げました。

実は時間を置けば必ずまたやる

とっくにわかってるんですが、ヘソを曲げたとしても一度切り上げて機嫌を良くしたら絶対子どもはまたやるんです。

現にうちの子は一度切り上げてからは数分ぐらい「ゲームやりたい」って言ってたけど、家の中に入って手足を洗うと自分から「勉強やる」って言い出して、小学校に向けた勉強をやり始めました。そして小一時間すると「ちゃんと自転車の練習やりに行く!」って自分から言い出しました。

なので「じゃあまずは足を出す練習からね」と言ってやったら完璧にこなし、普通に自転車に乗るのも完璧にこなし、ちょっと広い所に行って緩い登り坂を登るのも、右に曲がるのも、左に曲がるのも、広い場所を旋回するのも数分以内に完璧にやって見せました。

要するに本来はヘソを曲げた時は一度切り上げて冷静になったらやらせれば良いんですが、そこでこっちが簡単に折れると「駄々をこねれば親が折れる」と覚えて調子こきます。だから簡単に折れるのは個人的には得策じゃないと思う。

現に知人がそれで折れるようにしていて、その結果そこの子どもは凄いワガママ駄々っ子のまま大人になって、親は金を含めた様々な面で苦労してましたから…そりゃ甘やかしてそりゃ聞き分けのない子になるわなと。

ちなみに当然ちゃんと自転車やったので3DSとiPhoneは娘の手に戻りました(笑)

子どもに伝えたかった事

1.駄々をこねれば思い通りになるわけではない事←超重要
2.真面目にやらない奴だけはパパは許さないって事(ミスは全然OK)
3.悪い事(今回は出来ないフリをした)をしたら罰がある事
4.さすがにパパも怒る事はあるって事(普段は全く怒らない)

ってな感じです、機嫌が治ればいつも通りやるべき事さえやってれば後は自由ってのが我が家のルールなので、今回の自転車練習に関しては「やる事やらないとこうなるぞ」って話なわけでございまして、これはいつも僕は子どもに常に言ってます。

今回も締めに「やる事やればパパは後は何も言わん、ただ自転車は絶対に覚えないといけない事だから、そういう事だけは真面目にやりなさい」とだけ言って終わりました。

子どもなんて絶対どこかで反抗するので、無駄に構いすぎるのもどうかと思いましたが、今回のは「転んで無理だとアピールすれば終われる」って怠け者根性丸出しだったのでそこを指摘する感じでした。

まだこれでも何度も反抗する事はあると思いますが、個人的にはこれぐらい「お前のワガママ通す気はないよ?」って姿勢を見せないといけないって思います。身近でこういう「駄々をこねればなんとかなる」と覚えた人が良い大人になっても様々な面でやらかしまくってたのを見た事があるので、ここだけは徹底しようと思いました。

もちろん正当な理由があって本人が「これをやりたくない」って言えるなら、僕は無理強いするつもりはありませんけどね。

それにしても普段全然怒らないので、たまに怒ると凄いエネルギー使いますね…愛する娘の泣き顔を見るのは疲れますね本当に(;´Д`)

スポンサードリンク

-子育て(3~6歳)
-

Copyright© 結婚生活ブログ Web論 , 2016 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.