クレジットカードで生活費を支払って毎月お小遣いを稼ぐ簡単な裏技

投稿日:2013年1月26日 更新日: 1,787 views

クレジットカード

皆さんは普段の電気代、ガス代、携帯電話料金等を通帳からの引き落としにしていませんか?実はその時点で物凄く損をしている事を御存知でしょうか?

僕の知人に「クレジットカードは超便利だよ」って話をしたら「でもクレジットカードは使い過ぎちゃったり、悪用されそうで怖いわ」と言う話をされた事があり「そんな事はないのに…」と悲しくなった事があります。

もしかしたら皆さんの中にもそういう人が多いかも知れないので、今回はクレジットカードが如何に便利なのかを語りたいと思います。

スポンサードリンク

生活費や固定費からポイントに還元

今時のクレジットカードには必ず「ポイント」がついてきます。そのポイントはクレジットカードを使えば使う程貯まる仕組みです。

「でもクレジットカードで買物したら使い過ぎてしまいそうで…」と言う人は、使わなければ良いんです。

普段カードは一切使わなければ良い。その代わり携帯電話料金、電気ガス水道代を全部カード経由にしてしまえば良いのです。

勿論無駄な費用は一切かかりません。通帳から引き落とすのと何ら変わりはないのですが、それだけで貴方のポイントは自動的に貯まって行きます。

買い物で使うのが怖いなら使わなければ良いのです。勿論買い物でも使うようにすればもっと沢山ポイントは貯まりますが、自制する自信がない人は生活費からポイントをガンガン貯めてしまいましょう。

ちなみに支払い方法をクレジットカードにするだけで、毎月何かをする必要はありません。最初に手続きをすれば後は通帳引き落としと何も変わりません。

ポイントの還元率の相場は大体100円で1円

クレジットカードを使った際のポイントですが、この還元率は会社によって様々に別れていきます。

ですが大体1%です、100円で1円が相場だと考えて問題ないと思います。1万円使ったら100円おまけでついてくるって事ですね。

これより低いとちょっとお得感が薄れるかなぁ…と言うのが僕の正直な感想です。

多い所になると用途は限られてきますが2~3%の所もあるようです。

オススメのクレジットッカー度

ここで大事なのがクレジットカードの選び方です。ここを間違えると逆に損をする可能性だってあります。

溜まったポイントで何に使えるのか、各々に合ったカードを作ることが最も大事です。

ポイントが貯まっても使い道がなかったら意味がないでしょう?

特にクレジットカードの中には年会費が必要なものもあるので、お金があまりなくて節約を考えている人は年会費がかからないものにしましょう。年会費を払うのは一番馬鹿みたいですからね!

ただお金を沢山持っている人は、年会費があろうと沢山特典がついてくるカードを選択する方が良いでしょう。使えば使うほど沢山ポイントもついてくるので、年会費分なんて簡単に元が取れる事もあります。

最大のオススメは楽天カード

僕がオススメしているのは楽天カードです。何故なら楽天ポイントが付与されるからです。

楽天ポイントがあれば何でも買えます。

楽天ポイントは楽天市場でお金として使う事が可能です。楽天市場には食べ物もお菓子も漫画も本もゲームもありますし、更に楽天トラベルでホテル等の予約も可能。つまり旅行でも使えるわけです。

これって最強だと思いません?欲しいものの大体は楽天市場にあるので、何でも買えます。

普段から勝手に生活費は出て行きますが、そこから楽天ポイントが貯まって、楽天ポイントでお買い物が出来るんです。登録しておくだけでお小遣いゲットするようなもんです。光熱費が沢山かかっている人程お得をする事になります。

楽天カードは年会費永年利用な上で、常にポイントが数千ポイント(1ポイント1円)がついてきます。お得ですよ~。

ちなみに楽天カードは楽天市場で使用するともらえるポイントが2倍になります。

僕は楽天ポイントが足りない時は楽天カードから引き落とすようにして、さり気にまたポイントを貯めています(笑)

旅行好きにはANAカード!

海外旅行をしたい!飛行機で旅行をする!って人には断然ANAカードです。

こっちだとマイルを貯める事が出来るんです。マイルが貯まればそのマイルで飛行機に乗る事が出来ます。これ使わないのはもったいなさ過ぎるでしょ!

スポンサードリンク

使った場合と使わない場合の比較

仮に月々の電気代が1万円、携帯電話料金6千円、ガス・水道代で1万円。家賃は5万円だとしましょう。保険代もカードで支払います。生命保険1万、車両保険1万だとします。適当に見積もって9万5千円は必ず飛ぶとします。うーん…適当に計算し過ぎたせいか高過ぎるような…まぁ良いか。

楽天カードでのポイントの計算

楽天カードは100円ごとに1ポイントを手にすることが出来ます。楽天ポイントの場合は1ポイント=1円計算です。

95,000円を生活費で使った場合、950円戻って来る計算になります。月に1,000円でもお小遣いとして残るなら断然お得ではないでしょうか?

サイト→楽天カード

ANAカードでのポイント計算

このANAカードだと、1千円=1ポイントとなっています。1ポイントをマイルに変換するとコースによって5~10マイルとなっています。

ただし1ポイント5マイルの場合はお金は不要ですが、1ポイント10マイルで契約するとお金が必要になるので、これは自分の使用金額と見比べて考えた方が良さそうです。

使用金額が多ければ多い程、10マイルで契約した方がお得になります。

つまり毎月生活費で95,000円を使うと仮定すると、95ポイントになるので、これをマイルにすると475~970マイルって事です。ちなにANAマイレージクラブでは1万5000マイルで国内線2区間の特典航空券を引き換えることができるそうです。

自分で調べて「楽天よりこっちのがお得じゃないか?」と思ったけど、旅行しない人にとっては何の意味もないですから何とも言えませんね…でもこれも凄いお得!旅行が大好きな人にはこっちのが良いかも知れません!

これでも貴方はクレジットカードで生活費を支払いませんか?年間どれぐらい貴方の生活費で遊べるようになるかわかりませんよ…!

クレカは普段のショッピングで使うと尚良い

ここからは生活費の話から逸脱していきます。毎月の生活費だけでも大体6~10万ぐらいは皆さん使うのではないかと思います。

これでも十分貯まると思いますが、これに更に食費等もぶっ込んで計算してみましょう。どんどん凄い事になっていきます。

今時お店でクレジットカードが使えない店はほとんどありません。

外食時にもカード、食料品を買う時もカード、全部カードで支払ってしまいましょう。馬鹿みたいにガンガンポイントが貯まって行きます。

ただし使った料金はメモりましょう。iPhoneでもPCでも良いです、今時ならスマートフォンで手軽に家計簿はつけれますから、そこでメモっておいて「今月はこれだけ使った」と必ず把握しておきましょう。

家計簿アプリを使うとこの辺りは楽です。

いきなり支払いをみたら20万を超えてました!なんて事もよくあるのでこの点だけは注意です。

ちなみに僕は一回やりました…笑

こうなる自信がある人は生活費で使うだけに留めましょう!笑

ネットショッピングで使うと更に便利

外でカードを使うのが怖い…って人でも、ネットショッピングをする人は凄い便利になります。毎回コンビニでお金を支払いに行くなんて面倒ですよね。

Amazonや楽天で漫画やゲーム、音楽を購入する人は絶対にクレジットカードで支払う方が楽です。

勿論PCに入力する以上、セキュリティソフトは絶対に入れておいて下さいね。

勿論クレジットカードには保険もついてくるので、何かが起きた時はその保険が適用されるはずですが、フィッシング詐欺に引っかかった時に目もあてられませんから…。

今時セキュリティソフトを入れてない人はあまりいないと思いますが…入れてない人は相当ヤバイのですぐに入れましょう。

僕はAmazonや楽天でいつも買い物をしているので、その際に使っています。おかげでひきこもりが進行していますが、非常に便利です。

ここまで最大限に使ってると本当に凄い勢いでポイントが貯まって行きます。楽天で色々な買い物をするも良し、ANAのマイルで旅行に頻繁に出掛けるも良し。

やる事はクレジットカードを作成し、そのカードを使って生活費を支払うように手続きするだけです。

スポンサードリンク

-クレジットカード

Copyright© 結婚生活ブログ Web論 , 2016 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.