創味シャンタンでチャーハンの作り方…料理下手でも簡単美味しい!

投稿日:2015年12月18日 更新日: 14,529 views

以前書いた味覇(ウェイパー)を使ったチャーハンの記事をTwitterで紹介した際に「元祖ウェイパーはこっちですよ」って親切に教えてくれた方がいました。

全然知らんかったので、その元祖ウェイパーだと言う「創味シャンタン」を使って今度はチャーハンを作ってみたので、チャーハンの簡単な作り方と一緒に紹介したいと思います。

ちなみに前回の記事はコチラ。

題して「料理が下手なおっさんでも出来る美味しいチャーハンの作り方」です!笑

スポンサードリンク

チャーハン作りに必要な材料と道具

まずは出来ればあった方が良い物。

  • 中華鍋(または底が深めのフライパン)
  • 中華風の大きなおたま(しゃもじ的なものでも可)

ちなみに我が家は中華鍋は既にお亡くなりになったのですが、おたまは生き残っているので、フライパンとおたまで作りました。

必要な材料

  • 生卵1~2個
  • お米(食べたい量)
  • ネギなどの野菜系(ネギは風味があるのであった方が美味しい)
  • お肉系(ウインナーなりチャーシューなりなんでも)
  • 創味シャンタン

創味シャンタンとはこれです。

創味シャンタン

今回の味付けはこれだけでやっちゃいます。本当にこれ以外に何か入れる必要はないぐらいです。

チャーハンの下準備

何でも準備が大事です。某有名サッカー選手も言ってましたが準備が一番大事です。

ってわけでまずは準備をしましょう。

お椀に卵を入れてかき混ぜておきましょう。

生卵

今回は適当に2つ入れてみました。多すぎました。1つで十分だった。

創味シャンタン

創味シャンタンです。開けるとこのようにガッチガチに固まっております。

創味シャンタン

お椀に適量入れておきます。味覇より薄味なので、多めに入れておいた方が良いです。

創味シャンタン

沸騰させた熱湯を入れてハシでかき混ぜて溶かします。これをやらないと味が均等につかないので絶対にやりましょう。味覇でも創味シャンタンでもこの作業は必須。

創味シャンタン

適当にやったらお湯が少なすぎました…これは濃い。

創味シャンタン

お湯を追加しておきました。これで舐めたら濃い目の美味しい中華スープになってました。この辺りはお好みで調整して下さい。

チャーハンの準備

食べたい分のご飯、刻んだネギ、適当に細切れにしたウインナーをまとめてセットオーライ。

チャーハンの準備

これで一人分の準備はOKです。繰り返しますが卵多すぎた…笑

スポンサードリンク

パラパラチャーハンの調理の仕方

では早速調理します。適当なタイミングで火をつけて温めておいたフライパンに油を適当に垂らします。多い方がパラパラにはしやすいです。

パラパラのチャーハンの作り方

ちょっと少ない気がしたけど、まぁ良いや…。中華鍋だったらね…油が鍋に染み付いてるんだけどね…ブツブツ。

パラパラのチャーハンの作り方

どばっと卵を入れます。適当に伸ばします。火は強火でOKです。

パラパラのチャーハンの作り方

すかさずご飯などを入れておいた皿をぶっ込みます。創味シャンタンはまだ入れちゃダメです。

ご飯をひっくり返すコツ

最初の時点でご飯をひっくり返します。

コツは具材をフライパン(中華鍋)の奥に持っていくように押し込んで、そのまま奥の方だけ軽く上にクイッと上げる感じ。

すると手前の方にご飯が飛んで来るので、手前にフライパン(中華鍋)を引けば綺麗に乗っかります。力が入り過ぎると具材が吹っ飛びます(笑)

サッカーで例えるとリフティング時にボールにバックスピンをかけて上に蹴りあげて胸トラップしてまた足元に落とす感じですね(わかりづらい)

こればっかは慣れです。そしてこれが出来ないとパラパラチャーハンは出来ません。僕は無駄に慣れました、でも中華鍋の方が100000倍やりやすいです。フライパンのが難易度高い。

おたまで米を叩き潰す

パラパラのチャーハンの作り方

一回だけお米を裏返したらおたまでお米を叩き潰します。これが一回裏返した直後です。おたまのそこで軽くポコポコ叩いてます。

力を入れずに、恋人に「も~○○くんったらぁ」って言って叩くぐらいの気持ちで優しく叩いてあげて下さい。憎しみを込めるとおたま壊れます。

パラパラのチャーハンの作り方

ペチペチ叩いたらひっくり返す、ペチペチ叩いてひっくり返す。これを繰り返して行くと徐々にご飯がパラパラに分かれていきます。

画像の右下辺りのお米はまだ固まっているのがよくわかると思います。

ペチペチ→くるりん→ぺちぺち→くるりんって感じのリズムで小気味よくひたすら繰り返していきましょう。

この辺りで創味シャンタンをべちょっと入れて更にぺちぺちくるりんして行きます。

なんだかんだ液体なので、更にご飯がパラパラに分かれやすくなります。これが地味に大事です。

強火ですぐ蒸発する勢いでひたすら「ぺちょぺちょくるりん」を繰り返します。良い感じに腕の力も使うので、女性にとっては良い運動になるでしょう。

パラパラのチャーハンの作り方

卵が多すぎたのか、油が少なすぎたのか、フライパンにちょっと卵がこびりついてますが気にしないでください。いつもはこんな事ないのに…シクシク。

完成図

創味シャンタンのチャーハン
これが一つ目です。ちょと卵が多すぎました…笑

創味シャンタンのチャーハン

こっちが二つ目になります。こっちのが成功例かな…とりあえずこんな感じに作れるようになりますよっと。

そこそこマシには作れた…はず…たぶん…笑

味はめちゃくちゃ美味しかった

味覇より少し薄味かなー?って感じでしたが、やっぱりめちゃくちゃ美味しかったです。

正直「これ味覇だったら死ぬレベルだな」と思って入れたんですが、一度撮影前に試しで作った時に、ちょっと多めに入れても薄味だったんですよね。

そう思って今回は多めに創味シャンタンを入れてみたんですが、それが正解だったようでちょっと多めに入れるとめっちゃくちゃ美味しい。だから味覇よりは消費が激しくなりそう。

でも本当に味付けはこの創味シャンタンだけで全然行けるレベルですね。

やっぱり美味しいチャーハンなんてものは中華スープさえあればなんとでもなるんだな…って事を実感しました…笑

ちなみに僕の中では味覇よりは創味シャンタンの方が美味しいって思ったので、創味シャンタンをオススメします。

味覇はちょっと濃かった気がする…たぶん…使ってる側としてはそう感じた…笑

ってわけでこれもまた良かったので皆さんにもオススメですよっと!

味覇と言い、中華スープって言うのか調味料っていうのか、とりあえず神でした…。

娘も味覇のチャーハンが大好き過ぎて頻繁に作らされてますからね…笑

スポンサードリンク

-食品・食べ物

Copyright© 結婚生活ブログ Web論 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.