蟹嫌いな男が通販でタラバガニとズワイガニ買って食べてみた感想

投稿日: 1,268 views

母ちゃんが「カニ食べたい」って言うので、カニがあまり好きじゃない僕ですが、カニ食べてみました。

たまには親孝行でもしようかな…と…。ちなみに妻と母は結構喜んで食べてくれました。

ってわけで今回はカニ通販の紹介となりますカニ!

この時に購入したのは「らっしゃいかに市場」さんです。

公式サイトサイトはこちら→贅沢志向の方向けのカニ通販【らっしゃいかに市場】

スポンサードリンク

子供の頃は毎年食べてた蟹

僕のパパンが蟹が大好きで、冬になると毎年蟹を買ってきて食べていました。

おかげで僕は蟹が嫌いになりました

だって毎年出るんだもん…蟹…濃いもん…蟹…。

ちなみに毎年蟹を食べる時は鍋にする感じでした。タラバガニを鍋にしてガブガブ食べてました。

パパンはカニミソも美味しそうに食べていました。僕は蟹味噌は食べられません!!笑

通販でタラバガニとズワイガニを注文してみた

とりあえず適当に通販を見比べて「ここが選びやすそう」と思ったサイトで北海道の蟹を注文してみました。

その結果届いたのがこれカニ。

蟹が届いた
このような感じで届いた蟹。

蟹が届いた
僕の第一声は「…少なくね?」でした。えーっとこれ13,800円もしたんですけど…。

やはりたまには親孝行しようなんて思ったのがいけなかったんでしょうか…?

ちなみにこれ、たらばがに600g、ずわいがに1kg、毛がに500gというセットでございました。余談ですが毛がに食った事ないですし調理法も知りませんわっしょい。

ま!お試しなんで!いっか!←言い訳

スポンサードリンク

我が家のカニ鍋の作り方

今回我々が食したのは蟹鍋ですが、本来ならば根昆布をぶち込んでぐっつらぐっつら煮込んで3~4時間置いて作ります。

でも今回は面倒だったので、適当に出汁を作る事にしました。

使ったのは以下の感じ。

  • 水 1.5L
  • 白だし 50ml
  • みりん 大さじ1杯
  • 酒 30ml

これを混ぜたらグッツラグッツラ煮込んで準備完了。

準備した材料

タラバガニ
ズワイガニ
毛ガニ←食べきれなかったので食べてない。

豆腐←僕が食べたかった
白菜←以下同文
ネギ←以下同文

以上!( ゚д゚) ※面倒だったので具材は少なめでしたが、これが正解でした。

作った手順

出汁を作って沸騰したお鍋に白菜とネギと豆腐を切って放り込みます。火が通りづらい子達で、僕がクタクタに煮込んだ状態が好きなので蓋をしてグッツラグッツラ煮込みます。

2~3分したらカニどもを適当に放り込みます。関節部分から料理バサミでガッツリ切って小分けに放り込みます。

やっぱり蓋をしてグッツラグッツラ煮込みます。

4~5分したら「もう食っても良いんじゃね?」って気がしてきたので蓋を開けてみました。鬼のように蟹の匂いがしたので「もう良いや食べちまえ!」と食べる事にしました。

ポン酢と大根おろしで食べる

これまた僕が好きだからという理由で、大根おろしとポン酢で食べる事にしました。

ですがこれは失敗でした。ぶっちゃけると何もつけなくても食べれました…。それぐらい蟹が濃厚だった…蟹ってこんなに濃厚なのかと。

蟹を解凍してみた

一番でかい「たらばがに」さんをまず解凍しようと思いました。凍っておられたので水にでもつければええやろと、ってか母ちゃんがそうしろって言うんで。

たらばがにを解凍してみた
デカ過ぎて洗い場の桶に入らねーよ

最初は「高級品だから…」と恐る恐るでしたが、イラッとしてきたので関節をへし折るつもりで折り曲げて入れてやりました。

たらばがにを解凍してみた
タラバガニさんは殻が刺々しいので、この際に僕の指に突き刺さりました。痛かったです。でも無事へし曲げて水の中に投入完了

同じ容量で「ずわいがに」さんも投入していきます。そこで気付きました。

蟹になんか黒い卵ついてるんだけど…

そこでググった結果、驚きの事実を知りました。

蟹についているカニビルという寄生虫

蟹についている黒い卵ってのはこれです。

カニビルさん
きもっ!!

寄生虫だけど人体に害はないそうです。またあくまでカニビルさんは蟹の殻に卵を植え付けるだけで、寄生はしないそうです。

一説ではこやつがついているのは新鮮な証拠だとかなんとか、ふーんそれなら良いか…と全力で金たわしで剥ぎ取りました。

だって…コイツキモいんだもん…しかも普通にやったら爪でひっかかないと取れませんでした…最終的に腹立って金たわしです。

蟹を関節の所で切り分ける

適当に水に浸してカニビルさんを排除した蟹さん達は、料理バサミでざっくりと関節部分から切り離していきます。

料理バサミってのはこういうのです。鬼の切れ味を誇ります…たぶん…結構簡単にバキッと切れます。半分凍ってても関係なしです。

コイツは蟹を食べる際にもあると便利なので、なかったら買って置くと良いです。

蟹鍋が完成する

蟹鍋
適当に煮込んだだけの蟹鍋さんが完成しました。鬼のような蟹の匂いでした、適当にぶっ込んだからなのだろうか…蟹でした。

ちなみに量的には実はかなり多く、この量の鍋を2回作れたぐらいでした…最初めっちゃ少ないって思ったのに、実際作ると凄い量になりました…死ぬかと思いました。

ズワイガニさんの楽な食べ方

いざ、実食!!

って事でまずは安物っぽいずわいがにさんから解体しようと思います。

例えば僕みたいに適当に切り分けたせいで、関節が残っている場合も込みで紹介したいと思います。

ズワイガニさんの食べ方
この部分ですね。中途半端に残ってるとへし折るのは大変です。ズワイガニさんもトゲトゲしいので、力を込めて持つと痛いです。

そこでさっきの料理バサミです。関節の線に沿ってばちんと切ってやりましょう。成人男性なら特に苦もなく切り分ける事が出来ます。

ズワイガニさん
このように綺麗な切り口になります。この時点で穴からホジホジとほじくれば一応蟹の身は取り出せます。

でもそれはめんどくさい!ってかそれが嫌い!

そんな僕のようなめんどくさがりやさんは、更に殻を切っちゃうと楽です。

ズワイガニさん
ちょっと失敗して身も切っちゃってますが、上の部分と下の部分の両方を料理バサミで切った後がこれです。

片方だけを切って開こうとしても良いんですが、やっぱりトゲトゲしくて痛いのでオススメしません…笑

ズワイガニさん
後は箸でも何でも良いので使ってポチョンと取り出せば綺麗に身を取り出せます。

殻についているスジ(正確には蟹の腱)もこの時点で一緒に取っちゃうと良いです。上記画像で言う殻から伸びてる半透明の奴ですね。

こうすると非常に楽に食べられますよっと。

タラバガニの殻も同じようにハサミで切って割る

タラバガニさんは更にトゲトゲしいので、尚更料理バサミさんが大活躍するカニ!

タラバガニさん
凄く刺々しいカニ!ちなみにこの画像の時点で一箇所に切れ目を入れてあります、見える?笑

タラバガニさん
このように綺麗に中身を取り出す事が出来ます。この状態で食べるとマジで美味しいっす…凄く…大きかったっす…。

足の付根は食べるのが大変

当たり前ですけど、足の付け根は食べるのが大変です…真ん中からカッポーンと割って、そこから身をホジホジ出す作業になります…。

一つだけ頂いたんですが、ホジホジ出してて「僕…何してんだろ…」と冷静になってしまって悲しくなりました。足の付け根は要らないな…と思ったんですが、母ちゃんが大喜びでほじってたんで、まぁ良いかなと(笑)

ズワイガニは薄めで美味しい

個人的にはズワイガニの方が薄めで美味しいと思いました。

ずっとみんなの分の殻剥きをしていたので痛感しているんですが、殻もそこまで刺々しくないし…何度も刺さってまだ指が痛いです…。

サクッと食べてほのかなカニの香りと風味で終われるので、個人的にはこっちのが良いかなと。

カニ初心者には絶対ズワイガニのが良いと僕は思います!

タラバガニは濃厚過ぎる

個人的に思ったのはタラバガニが物凄く濃厚だったんですよ。カニのエキスが濃厚でこっちがカニになりそうなレベルでした。

それぐらいカニの風味が濃厚で味も濃厚だったので、これは本当にカニが好きな人じゃないときついなと、あまりカニが好きじゃない僕は思ったのです!笑

今回はあくまでカニ好きな母ちゃんのために買ったので、まぁそれは良いとして…一口だけ頂いて「濃いな!」と名言を残してから奥さんにあげました。

なお奥さんは「うまっ!でかっ!うまっ!」と言って、母ちゃんは「うまーーーーい!」って感じで喜んでたので「美味しいかね。そうかそうか、良かったね」って言いながら二人が食べる分の殻剥いてました(僕、食べてない)

でもあまりカニが好きじゃない僕はやっぱり濃厚すぎると思ったので、本当に好きじゃない人にはあまりオススメしないかも。本当に好きな人にはマジでたまらん濃厚さだったようです!

画像でもちょっとは伝わるとは思いますが、身がめっちゃくちゃ大きかったしね…。

締めの雑炊を作ってみた

ハッキリ言って蟹を食べた時点でお腹いっぱいでしたが、締めのかに雑炊を作ってみました。

かに雑炊の作り方

かに雑炊作ってみた
余った材料と「もう食えんわ」と思った蟹の身を放り込んであります。

かに雑炊作ってみた
更に余っていた白菜をぶちこんでグッツラグッツラ煮込みます。

かに雑炊作ってみた
これぐらいの丼にお米を3杯準備しました。そんなに食べれなかったんですが、汁の量的に3杯はないとびちゃびちゃになってしまうので…笑

かに雑炊作ってみた
大体これぐらいになりました。これでもちょっとお米多かったかな~?って思います。

雑炊にするとご飯が汁を吸って大きくなりまして、汁がどんどん減るので、この感じよりも少なめにご飯を入れて問題ありません。

かに雑炊作ってみた
卵を二個割ってかき混ぜてこの状態にしておきます。

かに雑炊作ってみた
煮込んだ鍋の中にべやーっと入れました、すぐに固まりだすのでかき混ぜます。

かに雑炊作ってみた
どんどん汁が減ってきました。ご飯と卵を入れるとここまで減ります。ちょうど良い感じになってきましたね。

味付けは何もしなくて良い

雑炊を食べる時って醤油かポン酢か何か入れるのかなー?って思ったんですけど、要りません。

ただ一応味見をしてから判断はした方が良いかも知れません。でも僕と同じ通販サイトで蟹を買った場合は何も入れない方がベターだと僕は思います。

濃い味が好きな僕でも「入れなくて正解だった」って思うぐらい濃厚だったので…蟹が濃厚過ぎる…笑

味は完全に蟹でした

このカニさん達が濃厚過ぎて、この出汁の時点で濃厚なカニになってました。マジでカニです、カニとしか言いようがない味でした。

かに雑炊作ってみた
見た目なんのへんてつもない雑炊で、ちょっと蟹の身が浮いている程度です。

かに雑炊作ってみた
何も入れてないからちょっと薄味っぽく見えるやんかぁ?

マジで蟹です

濃厚過ぎて凄い蟹でした、まさに「かに雑炊」の名に相応しい濃厚過ぎる蟹でした。

ってか昔食ってた蟹ってここまで濃厚だったっけ??ってここで改めて疑問に思いました。

ちなみにかに雑炊にするとお米とかは一気に膨れ上がるので、丼3杯のお米でも鬼のような量になるので、少なめにする事をオススメします…。

本当に今回買った蟹、濃厚すぎた…くどくなるレベルで…笑

らっしゃいかに市場さんで購入

今回購入したカニさん達ですが「らっしゃいかに市場」という通販サイトで購入しました。

こちらのサイトで良いなと思ったのは「○人前」と言う表記で全部分けてくれている点です。

今回僕が何も考えずに「厳選3点カニセット」を選んだ結果、男一人、女二人、小学生女子一人の4人では全員がギリギリの満腹になってようやく食べきる…と言うギリギリのラインになってしまったのは誤算でした…しかも毛がに食べきれんかったし…。

ただ一人の男である僕がほとんど蟹を食べられないってのも問題点だったとは思います…まぁ母ちゃんと奥さんが喜んでくれたから良いかなと…。

ただこれ、改めて見ると「ズワイガニポーション」という商品がありまして、これ最初から殻ないんじゃね?って事に気付きました。

僕のあの殻剥いてた時間なんだったの?

本当に今も指痛いんですよ。トゲが突き刺さりましたからね、まだ痛いんですよ本当に。

その手間が省けるんじゃね…?って思ったらなんかバカらしくなってきました。

あのね、次食べるなら絶対これにします。ずわいがに姿1kg、セクション1kg、ポーション500g、これでええんじゃないかと…。

とりあえず言えるのは、次買うなら絶対ポーション買う!殻剥くのめんどくさい!!

ってわけで濃厚で巨大なたらばガニか、普通に美味しいズワイガニか、どっちを選ぶかはお好みで…。

ただこの「らっしゃいかに市場」さんは本当にサイトが観やすかったのでオススメです。なんとかうちのババ様を喜ばそうと、色々物色した結果、個人的にはここが一番選びやすかったです。

公式サイトサイトはこちら→贅沢志向の方向けのカニ通販【らっしゃいかに市場】

とりあえず僕はもうしばらくは蟹はいいや…マジで…なんか十分食べました…。

どうせ食べるなら次はお肉が良いなぁ!

とりあえず今回は母ちゃんが喜んでたからまぁ良いかな…笑

余談ですが案の定、娘は全然食べませんでした…子供に蟹はきついよね…僕も嫌いだったし…笑

スポンサードリンク

-食品・食べ物

Copyright© 結婚生活ブログ Web論 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.