ハウスダストアレルギーの症状や対策まとめ…ホコリ徹底掃除しよう

投稿日:2016年1月3日 更新日: 35,290 views

ハウスダストに苦しむ男性
ハウスダストに苦しむと咳も出るし涙も出るしヤバイです。

子供の頃からハウスダストアレルギー持ちの男、でろりんです。

子供の頃から親に「○○アレルギーがあるから気をつけなさい」とよく言われてきました。

親によく注意されたのは「小児喘息」「ハウスダストアレルギー」でした。

ただ子供の頃にハウスダストアレルギーとか言われても何に気をつければ良いのかさっぱりわかりません。

とりあえず毛が多い動物に触れないこと、そして掃除をこまめにする事を僕は親に言われてきました。

今回はハウスダストアレルギーと喘息と言う最強コンボ持ちの僕が、ハウスダストについて書きたいと思います。

とりあえず先に言っておきたいのは、家族にハウスダストアレルギーを持っている人がいたら、大掃除は極力別の人がやった方が良いってことです。

大掃除って概念をなくして、アレルギー持ちの人も掃除に参加させる場合はこまめに掃除するようにする…ぐらいの徹底ぶりが必要になります。

今回はそんな面倒な話をしたいと思います。

どうでも良いけど、自分が本当に苦しんでいる症状なので長々と経験を込みで書いてたら1万文字近くになりました…。

スポンサードリンク

ハウスダストアレルギーとは

ハウスダストってのはその名の通り、家の中にあるゴミ成分のことです。

簡単に言うと「家の中を掃除していないと溜まるものに対するアレルギー」だと言って良いでしょう。

要するに掃除してないとアレルギー症状が出てしまう病気という面倒なものです。

ハウスダストの原因になるもの

  • ダニの死骸やフン
  • 畳や髪の繊維のクズ
  • ペットの毛
  • 煙草の煙
  • カビ胞子
  • 花粉
  • 土や砂埃
  • 食べ物のクズ
  • 髪の毛やフケ
  • 要するにホコリ

この辺りのものです。煙草の煙もハウスダストアレルギー持ちには良くないそうです。

これらの物を放置していると「ハウスダスト」になり、これが原因でハウスダストアレルギーを持ってる人は症状が出てきます。

単純な話、汚い空間にいると症状が出ると覚えて良いと思います。

ハウスダストアレルギーの症状

ハウスダストアレルギーが反応してくると、色々な症状が引き起こされます。

個人的に多い症状から順番に紹介したいと思います。

アレルギー性鼻炎

真っ先に反応するのがこのアレルギー性鼻炎です。

突然くしゃみが何連発も出るようになり、鼻水が止まらなくなります。

花粉症の症状と全く同じです。いきなり鼻の奥が炎症し始めるので、僕ぐらいのベテランになると「これはヤバイな」ってすぐにわかります。

酷い時は汚い部屋に入ってものの数分で症状が出るので、本当にすぐにわかっちゃいます。

早目に対処して鼻水をとりまくらないと、放置したままにしていると寝ている間にも鼻水が出まくって、その結果良い歳した大人でも急性中耳炎になります…。

これが理由で僕は急性中耳炎になったことがあります…あの時は痛かった…笑

蓄膿症(副鼻腔炎)

ハウスダストアレルギーの症状が出始めると、喉の奥がどんどん炎症してきます。

鼻水が止まらなくなるアレルギー性鼻炎ですが、鼻水がタラタラと前の方(鼻から外)ではなく、内側の方(喉のほう)に垂れていく事が僕はよくあります。

その結果喉が炎症を起こして、不快感が強くなります…。ツバを飲み込んだ時に違和感を覚えるので非常にうっとうしいです。

それが悪化してくると耳の方に行きます。そして下手すると僕は急性中耳炎になったりもします…。

大人はなりづらいんですが、慢性的に鼻炎が起こるとどうしようもないです。僕の場合はハウスダストや花粉が主な原因です。

喉の奥から耳の方にまで炎症が行くのは、ツバを飲み込んだ時に感じるので…こうなると結構どうしようもなくなるので、かなり辛いです…。余談ですが今現在これになっててイライラしてます(笑)

アレルギー関係はお酒を飲んだ時に悪化して表面化することもよくあるので、寝ている間に悪化して起きたら鼻水ダラダラで、喉の奥が腫れてて痒くて仕方ない…なんてことも僕はよくあります。

アレルギー性結膜炎

これまた花粉症と同じです。

アレルギーの原因となる物体が結膜に入って付着し、目がめっちゃくちゃ痒くなります。

僕の場合はまずくしゃみや鼻水、それが続くと目が痒くなり涙が止まらなくなります。

症状的には花粉症の時と区別がつきづらいんですけど、僕の場合は大体布団を干した時とか、部屋の大掃除をした時によく出てたので、前後の行動を考えればすぐわかります。

気管支喘息

ハウスダストアレルギーの症状が出て、あまりにも酷い環境のままその場にいると、僕は喘息の症状が出てきます。

元々は小児喘息持ちみたいな感じに言われていたのですが、今思えばハウスダストアレルギーからの気管支喘息が出ていたんでしょう。

喘息は気道が炎症を起こし狭くなります。本人の感覚的には息がしづらくなり、息をする際に「ヒューヒュー」「ゼェゼェ」と言う呼吸音が鳴ります。

また僕の場合は痰がすぐ出るようになります。ヒューヒュー言って引っかかる感じがして咳をすると痰が出て、それを延々と繰り返すようになります。

酷い状況になるとヒューヒュー言うのが止まらなくなり、更に咳も止まらなくなり、呼吸困難になります

何度かそのまま呼吸困難になって視界が真っ白になったことがあるので、ハウスダストアレルギーの症状が出たらすぐに環境を変えるようにしましょう。

スポンサードリンク

ハウスダストアレルギーを発症する原因

アレルギー持ちになってしまう原因は「本人の許容範囲を超えた場合」ってのが目安になります。

決して「元々部屋が汚かったからハウスダストアレルギーになった」という事ではなく「本人の許容範囲を超えたから」発症するというものだそうです。

許容範囲は人それぞれ異なる

人それぞれ許容範囲が元々異なっており、発症する人はその許容範囲が小さいってことですね。

だからお子さんがハウスダストアレルギーになったからと言って「私が部屋を汚くしすぎたせいでこんな体質になった」ってわけじゃなくて、単純にそういう体質なだけなので、仕方ないわけです。

体質で仕方ない所なので、親が気に病む必要はありません。

「元々の限界値が低かった」ってだけの話みたいです。だからアレルギーは突然発症することもありえます。

元々限界値が高くて症状が出なかった人も、突然限界値が低くなって発症しやすくなることもありえるわけです。恐ろしいですね。

そういう意味でも、ハウスダストはちゃんと掃除してケアする方が良いと思います。

単純に「こまめに掃除する」ってだけの話ですからね。

限界に近い時にお風呂に入ると症状が出る

僕もTwitterでフォロワーの皆さんに質問するまで知らなかったんですが、なんとアレルギー症状は身体を温めている時に悪化するそうです。

僕の場合、お風呂に入ってたら目が痒くなってきて、鼻水が止まらなくなって~って事が結構頻繁にあります。

これもアレルギー症状が潜伏してて、いきなりお風呂に入った事から限界値を突破して症状が出る…ってことらしいです。

花粉が多い季節だったりするとよく出るので…そういう時はあまり身体を温めないように気をつけてます。

「そう言えばお風呂に入ったら目が痒くなったり鼻水出たりするわ」って人はアレルギーの限界に近くなってるってことを意識した方が良いのかも知れません。

自分がどのアレルギー体質なのかは病院で検査をしてもらわないとわからないので、アレルギーの疑いがある時点で病院で検査してもらう事をオススメします。

そしてアレルギーが発覚した際には、ハウスダストに限らず、自分が持ってるアレルギー物質を減らす工夫をした方が良いでしょうね。

症状が出た際の対策や予防方法

ここではハウスダストアレルギーの症状が表面化した際にやるべき事を紹介しておきます。

即効性のある応急処置はもちろん、普段から気をつけるべき予防法も紹介します。

その場からまず立ち去る

まずはその場から去りましょう。

どうしてもその場にいなければいけない場合はマスクをしましょう。少しでもハウスダストを吸い込むことを予防できます。

ハウスダストアレルギーの症状が出たら一番最初にやるべきことは「その場から去ること」です。

ハウスダストアレルギーの症状が出る時点で、その空間にホコリが充満しているって証拠なので、一番良いのはそこから出ることです。

特に喘息の症状が出てきたら急いで外に出て、新鮮な空気に触れるようにした方が良いです。そして喘息が出ている時点で元の場所には戻らない方が良い。

誰か別の人に掃除してもらうなりして、ある程度空気の入れ替えなどをしてから戻るぐらいの方が良いです。

僕はそういう場で無理に自分で掃除しようとする度に喘息まで発症して、何度か死にかけました。割りと本気で死ぬかと思うレベルに呼吸困難になるので、本当に危険です。

家族でハウスダストアレルギーを持っている人がいる場合は、周りの人がこの症状について理解を持っていないと「なんでお前だけ掃除をサボるんだ!」とか言ってたら、取り返しのつかない事になる可能性もあるので、気をつけてください。

本当にこれ危険だと思います、実際に自分でなったことがある人にしかわからないかもしれませんが、本当にハウスダストは辛いです…。

こまめに掃除して大掃除に参加させない

一番大事なのは常に掃除をしてホコリをタメないことです。

子供の頃から僕は掃除が嫌いで、自室は汚かったんですが、大掃除をしたり布団を外に出してはたいたりする度にハウスダストアレルギーの症状に悩まされてました。

ずっとくしゃみを繰り返し、鼻水を何度もかみ、延々とその繰り返しです。自分がハウスダストアレルギー持ちであることを理解せず「ホコリがたまっていると誰でもこうなる」と本気で思っていました。

あまりにもホコリが酷いと、最終的には上記の通り喘息の症状が出て死にかけます。僕はそれでも昔は掃除をして、終わってから自室でずっと咳き込んで死にかけてました。

もちろん親は自室をわざわざ見に来ないので、僕がまさか勝手に掃除して一人で勝手に死にかけてるとは夢にも思いません(笑)

そんなことにもなりかねないので、ハウスダストアレルギー持ちの人の部屋は常に掃除して綺麗にしておきましょう。

ペットの毛のケアをする

ペットを飼っている人はペットの抜け毛のケアをしっかりしましょう。

定期的に掃除をしている場合は室内にある毛は拾うことが出来ます。

ブラッシングも定期的にやるようにしましょう。個人的にはこのタイプのブラシがオススメです。

猫をペット用ブラシ「フーリー」でブラッシングしたら抜け毛がごっそり取れたのでオススメする件

もちろん定期的にシャンプーして清潔に保つのも大事です。

猫の場合は外猫でなければダニの心配はあまりないとは思いますが、外猫の場合は駆除薬を使ったりするのも大事みたいです。

花粉を徹底的に排除して持ち込まない

花粉症が酷い場合も同様ですが、外出から戻った際に必ず玄関先で花粉を払い落とすのも大事です。

なんと手で払い落とすだけで半分ぐらいの花粉を落とすことが出来るようです。

また帰宅後には顔を洗い、可能ならばすぐにお風呂に入ることも大事みたいです。髪の毛に花粉が付着することも多いそうなので。

また洗濯物に関しても同様で、部屋に取り込む前に手で払ってからにした方が良いそうです。最大の予防は室内干しにしてしまうことみたいですけどね…。

そういう意味では乾燥機があると便利なんでしょうね。

今年も花粉症で散々僕は苦しめられたので、今後はこの辺りを気をつけようと思います…。

知らない建物内に入る時にも注意する

僕もそうだったんですが「友達の家に行くと鼻水が出るし目が痒くなるんだよね」って人は、ハウスダストアレルギーを持ってる可能性高いと思います。

病院でアレルギー検査をした上で判断した方が良いとは思いますが、自宅の掃除も徹底的にするようにした方が良いです。

僕自身、人の家に行く度に鼻水が出るようになりますし、喉の奥に炎症を起こす事も多いです。酷い時は喘息が出ます。

だからあまり人の家に行くのが実は好きじゃありません。徹底的に掃除をしている人の家なら良いけど、ホコリが溜まっている所だと最低でも目が痒くなり、咳がちょっと出始めるからです。

同様の経験がある人はハウスダストアレルギーを疑った方が良いです。

マスクを常備しておこう

最悪色々な建物に入る時、友人の家に行く時とかはマスクを持ってくぐらいの方が良いかも知れません。

ハウスダストアレルギーを持ってる以上、ホコリが多い場所とかには極力近づかない方が良いんですけども、どうしても行く機会がある場合はそれぐらいしか対処出来ません。

例えば僕の場合は、個人的には古い建物とか大好きなんですが、古い畳がある部屋とかに行くとハウスダストアレルギーが出てきて、症状が出て苦しみます(笑)

本人はそういう空間好きなのに、身体は全く合ってないっていう悲しい状態です…我ながら損な体質だなぁとは思いますが、結構僕は強く症状が出ます。

特に喘息とか出てくると呼吸困難に陥るし、最悪本気で息が出来なくて死の危険を感じるレベルになるので、自分でも気をつけてます。死にたくないので。

マスクをつけたからって完全に防ぐことが出来るわけじゃありませんが、ないよりは確実にマシなので、ノーガードで挑むよりはいつでもサクッと取り出せるようにしておくと良いと思います。

また本当に仲の良い人には「ハウスダストアレルギーなんだよね。だから気を悪くしないでね」って話をしておいた方が良いと思います。

家族が気をつけてあげる事

子供がハウスダストアレルギーを持っている場合、大事なのは「こまめに掃除すること」です。

ですが子供って勝手に部屋を掃除すると怒り狂います。僕も怒り狂ってました。特に男の子は死活問題でした…ベッドの下とか掃除されたらやばかったです(今はデジタル化してるんだろうけど)

そこでお子さんにこまめに掃除する習慣をつけさせる事が大事だと思います。

また我が家みたいに「旦那(奥さん)がハウスダストアレルギーを持っている」って家庭でも同様のことをして欲しいです。

こまめに掃除する場合は、掃除する際に舞うホコリが比較的少ないので、ハウスダストアレルギーが出づらいんです。これは僕の身体で確認済みです(笑)

あまり掃除されていない、ホコリが溜まっている所を掃除しようとするともう10秒足らずで僕はくしゃみ連発してますから、厳しいです。

こまめに掃除している状態ならばアレルギーを持っている本人がやっても問題はありません。ただそれでもマスクをして、可能ならゴーグルをつけてやった方が良いです。ゴーグルないと目が痒くなります…。

ずっと掃除せずにホコリが溜まっていると、掃除した際に死にかけるので注意です。大事なのはとりあえずホコリを溜めないことです。

またリビングなどの共有スペースは親などがしっかり掃除してあげないと、家に帰る度にお子さんがハウスダストアレルギーの症状が出て苦しむことになります。

案外これは周りは気付きづらいと思います。僕もハウスダストアレルギーの症状を「日常的に出るもの」だと勘違いしてましたから…親にそのことを訴えることもありませんでした。

特にアレルギーを持っている本人にはこまめに掃除する習慣をつけさせると良いと思います。小さい頃から一緒に掃除させるぐらいが良いんじゃないでしょうか。

ハウスダスト対策になる掃除器具

掃除が鍵になるハウスダスト対策ですが、ここではハウスダスト対策にオススメな掃除器具を紹介しておこうと思います。

サイクロン掃除機より紙パックがオススメ

最初はここではサイクロン掃除機を紹介してましたが、色々調べて自分でも使ってみた結果、感じた事を別の記事にまとめてあります。

ハウスダスト対策って意味では紙パックの方が絶対に良いと僕は思います。

ハウスダスト除去スプレー

花王から発売されているハウスダスト除去スプレーがAmazonでは評価が高かったです。

僕はこういうの使ったことがないので、今度使ってみてまた追記しようと思ってます。

使い方的には、ハウスダストを包んで固めて除去しやすくなるものなんだそうです。

カーペット、ふとんやベッド、布製ソファー、カーテン、たたみ、ぬいぐるみなどのハウスダストが発生しやすいものに吹きかけて、乾いた頃に掃除機で吸い取れば良いそうです。

布団などでは手で払うだけで良いらしいけど、掃除機かけないと気持ち的にはよくないよね…笑

ただこれ、効果が目に見えるものじゃないだろうから、なんとも言えない所ではありますよね…。

空気清浄機

気になるのが空気清浄機ですが、予想よりは高くないのかなぁ…ってのが個人的な感想。

現状だと1万5千円ぐらいで購入は可能になってました。

湿度や温度が高くなりすぎたり、低くなり過ぎたらブザーが鳴るように設定出来るのは凄いなと思いました。

また加湿機能もついているそうなので…完全に赤ちゃん用な気がせんでもないけど!笑

ハウスダストはもちろん、ペットの毛やフケ、ダニのフンや花粉、ハウスダストアレルギーの人の大敵を素早く集めてくれるそうです。

うーん、買おうかなぁ…ってちょっと本気で思ってしまいました…マジでそのうち買ってレビュー書くかも知れません。

空気清浄機は違いがわかりづらいのでアレですが、確かにつけている間、ハウスダストアレルギーの症状は出ていなかったかも知れません…。

前も持ってたんですけど「邪魔だな…」と思って捨てちゃったんですよね!んで、忘れた頃にまたハウスダストアレルギーの症状が出始めて苦しむって言う…馬鹿か…。

掃除を楽にするコツ

ハウスダストアレルギー持ちが家族にいる場合は、こまめに掃除をしなければいけません。

ですがこまめに掃除をするのは大変です。だから一度の掃除に必要な手間を減らす事が大事です。

そのコツですが「一回一回の掃除のコストを下げる」ことが大事だと僕は思います。

ここでは楽に掃除をするためのコツを紹介したいと思います。

収納する場所を作る

当然ですが、なんでもかんでもそこらにぽいぽい放置しないことが大事です。

リモコンとかもそうですが財布やガジェットなど、そこらに放置して置きっぱなしにしていると邪魔です。

毎日使うものでも、ちゃんと収納する場所を設けてそこにキチンを片付ける癖をつけておきましょう。

そしたら掃除をする際にテーブルの上もただ拭くだけで終わるので、凄く楽になります。

とりあえず総てのものを収納するものを準備するってことが大事です。

ふと「掃除しようかな」って思った時に、テーブルの上とかにものが散らばっていると、先にそれを片付けないといけないので、それを終えた時点で掃除した気になって先が進まなくなるんですよね。

「使ったものは毎回収納する」ってのを徹底しておけば「掃除しようかな」と思った時に即座に拭き掃除などに入れるので、これだけで掃除の効率がはるかに良くなるし、掃除をする意欲が湧きます。

物が散らかっていると、何故か人間ってその時点で掃除する気が失せるんですよ…これマジで…。

むき出しの棚を使わない

本棚みたいに前方が空いているものにすると、掃除がめちゃくちゃ大変になります。

例えば本棚の場合、本を全部取り出さないと中のホコリを綺麗にすることは出来ません。

ですが蓋もちゃんとついているようなカラーボックスの場合、一番上の部分などを掃除すれば済みますし、中を掃除するにしても棚を引っ張り出せばまるごと拭き掃除出来ます。

これってかなりデカイと思うんですよ。とりあえずむき出しの棚を使わないってのは掃除を楽にするために重要だと思います。

ハウスダストアレルギー対策にはホコリさえどうにかすれば良いわけなので、この辺りを意識するだけでもずいぶんと楽になると思います。

って事を昨日思いついたので、ちょっと家具でも買ってきます…笑

本棚を買うにしても、こういう蓋がある方が良いってことですね。

これについては別の記事でまた細かく書いてあります。

ロボット自動掃除機を使う

掃除の頻度は実は「毎日」が推奨されています。

毎日掃除機をかけるのは実に大変です。ましてや部屋の数が多ければ尚更ですね。

そこで掃除の手間を省いてくれるのが「ロボット掃除機」です。ルンバなどに代表されるあれです。

僕もいずれは購入したいと思ってますが値段がね…値段が高すぎるのでちょっと二の足を踏んでますが、いずれは自動化したいです。

お金にある程度余裕がある人はロボット掃除機で自動化するのは手だと思います。

ダニの対策をするのが最も大事

ハウスダストアレルギーの最大の原因はホコリです。それに関しては掃除を徹底する事で排除をする事が出来ますよね。

ですが最も面倒なのが「ダニ」です。ダニは目に見えるものではないので一番厄介だと言えます。

またダニは畳や布団やカーペットなどに隠れているので、そこでハウスダストアレルギーを引き起こされます。

大事なのはダニにも専用のグッズを使う事です。

ダニの繁殖を抑えよう

ハウスダストアレルギー持ちの僕にとって大敵はダニです。ダニの繁殖を抑える工夫をする事も非常に大事です。

ダニは高温多湿を好みます。だから室温と湿度を上げ過ぎないようにしなくてはいけません。

気温は20~25℃で湿度は50%以下に保つようにすると良いようです。

また湿度が高くなりがちな押し入れやタンスなどは除湿剤などを入れておいて、湿度が高くなることを防ぐと良いそうです。

こういう除湿剤を置いておくと、数ヶ月ですぐに水が溜まるのでびっくりしますよ。押し入れの中は湿気だらけになっているんです…びっくりですね…。

ダニを防止するグッズも仕込んでおこう

タンスやクローゼットの中から服を取り出して着たら咳が出始めた…なんて経験も僕はあります。要するに服にダニがついてたってことなんでしょう…こういうのは使った方が良いと思います。

除湿機や空気清浄機を利用するのも効果が高いそうです。主に自分がいる部屋にはやっぱり空気清浄機を置いた方が良いのかなぁ…と改めて思いました…今度買おうかな…。

ダニは目に見えないのでわかりづらいですが、変な掃除機を使うよりは効果的じゃないでしょうか?

マットレスもハウスダスト対策を

ハウスダストアレルギーを持っていると、布団に横になるだけで喘息を引き起こされる事が多々あります。

特に汚い布団だったり、あまり干してない布団…ダニがいる布団だと高確率で引き起こされます。

そこで僕が良いなと思ったのはこのマットレスです。水洗い可能でダニ・ハウスダスト対策が出来る高反発マットレス。

公式サイト↓
3次元極細繊維構造体マットレス革命!【Aerocore】

水洗いが可能

何が凄いって、これ水洗いが可能なんですよね…。

仮にホコリが溜まってしまった時、どうしても綺麗にしたい時に水洗いができちゃうのは魅力的です。

ハウスダストアレルギーを持っている人ならよくわかってくれると思いますが、どうしても汚くなってくると徹底的に洗いたくなるんですよ…。

古い布団とか出されると、本当にその日の夜は死にかけるぐらい咳が出たり喘息が出たりするので、ハウスダストアレルギーと喘息を持っている人は、寝具だけは気を使うんです。

僕自身が本当にそうでして、布団だけは頻繁に干して欲しいし清潔にして欲しい。そうでないと夜中に死にかけます…。

この水洗いが可能な時点で、正直僕は欲しいです。

アトピー協会認証

凄いなと思ったのは、この素材は日本アトピー協会から推奨品として認証されているそうです。

皮膚が弱くて免疫が弱い赤ちゃんにも良いとの事で、それもまたありがたい話です。

ダニが溜まらない時点で皮膚が弱くてハウスダスト・喘息で苦しんでいる僕にはありがたいです…まるで僕のためにあるかのような商品…(笑)

腰にも優しい

これまた肉体労働で十代の頃には腰ぶっ壊してた僕には嬉しいんですが、腰にも優しい構造となっているそうです。

今使っているマットレスが、10万円以上のアレなのでさすがに簡単に買い換えようとは思えませんが、ホントにいずれはこういうのに変えようかなと思いますわ。

公式サイト↓
3次元極細繊維構造体マットレス革命!【Aerocore】

自宅は徹底して掃除をし対策を

個人的にはハウスダストへの一番の対策は部屋の掃除だと思います…たまたま先日ずっと掃除していなかった場所に触れる機会がありましたが、即座にアレルギー症状が出ました。

改めて「僕って汚い場所にいたらダメなんだ…」と実感してしまった瞬間ではありました。だから改めて自宅内を徹底的に掃除する習慣をつけようと思いました、自分でもやろうと(笑)

もしお子さんだったり、旦那さんだったり、奥さんだったりがハウスダストアレルギーを持っている人は、普段から掃除をする習慣をつけることをおすすめします。

ホコリを溜めている状態になると、もうアレルギーを持っている人は手出しがしづらくなりますが、ちょっと溜まっている程度ならサクッと掃除すれば大丈夫ですから。

ホコリを溜めすぎると結構苦しいので、そうなる前に日頃からちゃんとケアをしたいですね!!

って事を自分でもハウスダストについて調べて記事を書いてて痛感しました!

僕も気をつけようと思います。人任せじゃなくて、一番苦しむのは結局僕なので、普段から僕が率先して掃除しようと思います…!!

スポンサードリンク

-アレルギー
-

Copyright© 結婚生活ブログ Web論 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.