結婚6年目の僕が"恋人と夫婦の違い"について語ってみた…トキメキなんかより慣れって凄い大事よ

投稿日:2013年10月30日 更新日: 1,122 views

恋人

僕は結婚について世間やネットでネガティブな事が多すぎると思っておりまして、ポジティブな面も沢山あるはずなのにそれが伝えられていないって凄い残念です。

ってわけで今回は結婚6年目の僕が、結婚についてちょっとポジティブな面を紹介したいと思います!!

恋人と夫婦の境界線は"慣れ"だ

ありがちな表現ですが、結婚してから「夫婦になったんだな」と実感した時はやっぱり慣れです。

例えば食事の際にも、野菜には何をかけるのか、どういう食べ物に何をかける傾向があるのか、一緒に住んでると大体わかってきます。

だから何かを取ろうとしたら何も言わずに欲しいものが出てくる。違う場合は「残念、今回は違うんだな(笑)」って会話が出て来ますが(笑)

また会話をしていても「これを言えばこう返って来るかな」と大体わかってくるんですよね。

だから話してても会話が読みやすくなってくる、だから何を言ったら怒るのか、何を言えば喜ぶのか大体わかるんですよ。

だからお互いに喜ぶ話題を提供すればお互いに会話も続くわけです。

勿論怒らせる話題を提供すれば怒りますし、興味がない話題を提供すればそっけない返事が返って来ます。

この"慣れ"が夫婦になった事を実感した瞬間でした。

大体相手の行動が予測出来た時に「ああ夫婦なんだなぁ」と思うのです。

トキメキより安心

恋人と一緒にいる時はドキドキする事があったかも知れませんし、次何があるかわからない…要するに「知らない」事が楽しいのです。

相手の身体についても知りませんし、色々と知らない体験をする事が出来るからきっと楽しかったんだろうなぁと今は思います。

それに引き換え結婚して夫婦になってしまえば知らない事はあまりありません。

勿論細部を詰めていけば沢山知らない顔を持っている事は多々ありますが、まず出て来るのは「慣れ」です。

ですが僕はその「慣れ」が一番心地良いです。

お互いに気を使う事はなく、家にいる時はゆったり出来ます。

不仲の夫婦ならばお互いを邪魔と感じるのかも知れませんが夫婦円満ならばそんな事は一切思いません。

そもそも文句を言って来るパターンも読めているので、文句が来る前に全部完璧に済ませてしまえば文句を言わせない事も簡単ですしね…。

お互いに文句が飛ぶ夫婦って要するにお互いに自堕落に過ごしている夫婦ってだけの話しではないでしょうか…。

スポンサードリンク

慣れって凄い大事

外にいれば慣れていない人達から予想外の辛辣な言葉を投げかけられたり、厳しい扱いを受けたりします。

イライラする事も沢山あるでしょう。結婚して慣れた間柄だとそういう事がないので、僕はこの「慣れ」って凄い大事だと思いますし、最も安らぐものだと思っています。

この「慣れ」に関してネガティブな事ばかり言われているのは正直残念ですね。

お互いの事をある程度理解しあっていて、遠慮せずに一緒の空間にいる事が出来るって本当に最高の関係だと僕は思うのですが…。

やっぱ「恋人」だと遠慮が出るからめんどくさいって結婚した今だからこそ思いますよ。

特に仕事等で疲れている人にとっては、恋人なんて上辺の関係より結婚生活の方が良いって僕は思いますよ。

スポンサードリンク

-夫婦円満の秘訣
-

Copyright© 結婚生活ブログ Web論 , 2016 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.