パスタとサラダを同時に食べると脳卒中になる確率を極端に下げてくれる…食物繊維が必要らしいから野菜食え野菜!

投稿日:2013年3月29日 更新日: 33 views

パスタは炭水化物の塊になります。炭水化物と言えばダイエットの天敵…!と、思われてきたのですが、実は全穀粒のパスタの場合はサラダと一緒に食べる事で脳卒中のリスクが格段に下がる事が判明したそうです。

パスタ

日常的に食物繊維を沢山摂取している人は、摂取していない人に比べると脳卒中を起こす確率が低い事がわかったそうです。脳卒中のリスクは食物繊維7グラムに対して、なんと7%も下がるらしい…下がりすぎだろ!

ちなみに7グラムの食物繊維は全穀粒パスタ1人前、フルーツまたは野菜2人前を食べれば摂取出来る量と言う事です。

つまり全穀粒パスタと野菜を食べていれば脳卒中を引き起こす可能性が大きく下がると言う事ですね。

つーか野菜食えって話

要するに食物繊維が大事だって事ですね。誰もがわかっている話ではありますが、脳卒中は突然来るから恐ろしいと言うイメージですが…その脳卒中を予防出来るのは本当に大きい。

ってわけでパスタを食べる時は野菜とセットに、そして普段から野菜を摂取して意識的に食物繊維を摂取すると良いって事ですね。

私は最近キャベツを頻繁に食べさせられてますし、昔に比べれば随分健康的な食事をしているなぁと実感させられます。最近私用で友人と食事する事が増えているのですが、友人と食事をしていると油物がやはり多く「ああこれは太るわ」と実感するものばかりでした。

やっぱり自炊して野菜を沢山食べるって大事です。勿論野菜だけ食べるようにすれば良いって話ではありませんが、毎食ちょっとづつ野菜を食べてみては如何でしょうか?

Source:パスタとサラダを食べると脳卒中のリスクが下がる!?:調査結果

スポンサードリンク

-予防や健康
-,

Copyright© 結婚生活ブログ Web論 , 2016 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.